SCORE CARDBACK NUMBER

悔しき敗戦を糧に
再起を期すジェイムス。
~NBAファイナルを振り返って~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/06/27 06:00

悔しき敗戦を糧に再起を期すジェイムス。~NBAファイナルを振り返って~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

ファイナルでは1試合平均17.8得点と調子を崩し、新天地でも悲願の優勝は達成できず

 マイアミ・ヒートの本拠地、アメリカン・エアラインズ・アリーナ内の、レブロン・ジェイムスのロッカーに、一枚の紙が貼られていた。紙に書かれていたのは今から101年前、1910年にセオドア・ルーズベルト大統領が演説で語った一節。「アリーナに立つ男」として知られる文章で、他人を批判する人より、弱点があり失敗しても、実際にアリーナに立ち努力する人のほうが重要な存在という内容だ。地元記者によると、シーズン最初から貼られていたという。

 去年夏にヒートに移籍して以来、何かと批判の的になることが多いジェイムスだけに、ロッカールームを訪れるメディアに対する軽い牽制の意味もあるのだろう。と同時に、失敗や批判を恐れず、“アリーナ”に立ち続け、努力し続けることが大事だと、自らに言い聞かせているようにも見えた。

 強敵セルティックス相手のカンファレンス・セミファイナルでは5試合中3試合で30点以上をあげ、続くカンファレンス・ファイナルでは今季MVP、ブルズのデリック・ローズをディフェンスで封じ込めたジェイムスだが、NBAファイナルでは一転、不甲斐なさが目立った。

マブスのノビツキーと対照的に、不本意なプレーに終始。

 インサイドを固めるダラス・マーベリックスのディフェンスに手こずり、持ち味として自負するディフェンスでも、シリーズが進むにつれ本領発揮できなくなった。シュートが不調な日でも勝負どころでエースとしての強さを見せたマーベリックスのダーク・ノビツキーと対照的に、試合の流れを変えるプレーがほとんどできず、試合終盤に空回りしたり存在感が消えることも度々だった。

 優勝を逃した後の記者会見では、厳しい質問がいくつも飛んだ。ジェイムスは、「自分個人の失敗として受け止めている」と責任を認める一方で、「君たちがいないときにどれだけ努力してきたかわかっているから、うなだれているつもりはない」と強がってもみせた。

 先の一文で、ルーズベルトはこうも言っている。

「あと一歩で目標に届かない経験を何度もする者に名誉はある。失敗や弱点がないところには努力もないのだから」

 ファイナルで弱点を露呈したジェイムス。果たして、来季には一回り大きくなった姿が見られるのだろうか。

■関連コラム► 大物レブロンのヒート移籍の成否は?試されるNBAヘッドコーチの管理能力。
► レブロン・ジェイムスの移籍、是か非か?(言わせろ!ナンバー 結果レポート)

関連キーワード
レブロン・ジェイムス
マイアミ・ヒート
NBA

ページトップ