MLB Column from USABACK NUMBER

ヤンキースでもっとも大切な右腕。 

text by

李啓充

李啓充Kaechoong Lee

PROFILE

photograph byGettyimages/AFLO

posted2004/08/24 00:00

ヤンキースでもっとも大切な右腕。<Number Web> photograph by Gettyimages/AFLO

 「どんな具合だ?」

 トレーナー室に入ってきたジョー・トーレが、深刻な顔で尋ねる。

「ねん挫でしょうが、腱の炎症の可能性もあります」

と、包帯を巻きながら答えるトレーナーの横には、やはり心配そうな顔をして、投手コーチのメル・ストットルマイヤーが立っている。

「彼の右腕を失うわけにはいかないんだ」

イラ着いた様子で言うトーレに、もう一人のトレーナーが

「彼は、腕を酷使しすぎたのです」

と答える。

(…… 以上は、アテネ・オリンピックの開会式中継で初公開された、某クレジット・カード会社の新作テレビ・コマーシャルの冒頭シーンである。ここまで見た視聴者は、「ヤンキースにとって一番大切な右腕投手って誰だ? 包帯を巻かれているのは誰だ?」と考え始めるのだが……)

「もう一回、頑張ってみるか?」

と促すトーレに、トレーナーが差し出したのは小切手帳。ここでカメラのアングルが変わり、痛くてたまらない、といった顔つきのスタインブレナーが映し出され、包帯を巻かれていたのが、選手ではなく、オーナーだということが初めて証される。スタインブレナーは、苦痛をこらえながらペンを取り、トレーナーがさし掲げる小切手に記入を始めるのだが、痛みに耐えきれずにペンを落としてしまう・・・。

「小切手を書きすぎたせいで腕を痛めないよう、新商品の『電子小切手』を使いましょう」というのが、このコマーシャルの趣旨であるが、オチは、「トーレの綴りはRが二つ」と囁くトーレを、小切手の支払先の名を記入していたスタインブレナーが睨み付けるというものである。トーレにとって、自分の給料の小切手にサインするオーナーの右腕を失うわけにはいかないのだから、深刻な顔つきになるのもうなずけるというものだ。

 このコマーシャル、ア・リーグ東地区を独走するヤンキースの圧倒的な強さが、スタインブレナーの財力(=小切手にサインする右腕)の賜であることを茶化しているのだが、本当のところを見事に言い当てているからこそ、おかしいのである。「ア・リーグのMVPはシェフィールドか、松井か、はたまたジーターか」という議論が始まっているが、「MVPはスタインブレナー」が正解だろう。

■関連コラム► スタインブレナーからの礼状。 (04/02/02)
► スタインブレナー倒れる。 (04/01/05)

ページトップ