欧州CL通信BACK NUMBER

CL決勝対談:杉山茂樹×田邊雅之 
「絶対に負けられない戦い」よりも
大事な戦いが、あるのだ! 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama/Akira Yuzue

posted2009/05/26 11:02

CL決勝対談:杉山茂樹×田邊雅之 「絶対に負けられない戦い」よりも大事な戦いが、あるのだ!<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/Akira Yuzue

――今回の決勝、杉山さんはどの辺に注目していますか?

杉山 まずはやっぱりサイドの攻防だよね。なんだかんだいって相手を崩そうと思ったらサイドから仕掛けるのが一番効果的だし、ましてやバルサは4-3-3でサイドから崩していくことにかけては、教科書みたいなスタンダードになってるから。マンUもサイドから崩そうっていう意識は相当強いチームなわけだし。

田邊 そうですね。逆に守備の観点からいえば、相手がサイドから攻めあがってこようとするのを、いかに防いでいくか。たとえばメッシ対策でいうと、エブラやルーニーの役割がとても大事になる。CLのアーセナル戦で、ウォルコットとサーニャを封じ込めたのと同じことができるかどうかが一つのポイントになります。

シウビーニョとC・ロナウドがどう対峙するか?

写真“サッカー番長”として名を馳せる杉山茂樹氏。毎年現地でCL決勝を取材するが、今年は近年まれにみる好カードとのこと。 『チャンピオンズリーグの真髄』

杉山 反対側のサイドはもっと面白いよね。ここは普通にいけばシウビーニョが出てくるだろうから、ファーガソンがロナウドを使ってガンガン攻める可能性は高い。

田邊 04-05シーズンの決勝トーナメントでチェルシーとバルサが当たったときに、モウリーニョが左SBのファンブロンクホルストを集中的に狙わせたのと同じですね。

杉山 そう。それはグアルディオラもよく分かっているはずだから、彼がどう対応してみせるのか。ただ最近のロナウドは、以前にも増して守備をしなくなってきてる。まあさすがにファーガソンもロナウドにきっちり言って聞かせるだろうし、ボールを奪われてもそのまま突っ立って見過ごすような真似はしないだろうけど。

田邊 ロナウドはあれで案外、人目を気にする小心なところもありますからね。

杉山 だから去年のCLの決勝なんかでも、自分はチームプレイヤーなんだってところを必死にアピールしようとしてたし(笑)。

アンリの復調で、攻撃も守備も厚みが出てくるバルセロナ。

写真Number Web連載中の『Column from England』で人気の理論派ライター田邊雅之氏。欧州メディアの人脈をいかし、今回はCLを集中取材!

田邊 バルサの左サイドに関連して言うと、シウビーニョの前は、うまく間に合えばアンリが来る。誰がマッチアップしても、アンリが好調だったら、なかなか簡単には止められない。おまけにアンリは守備もすごいですからね。リバプールのカイト並みのディフェンシブ・フォワードでもあったりする。

杉山 そうなんだよ。僕が今シーズン、一番注目していたのもアンリだもんな。アーセナルの最後とバルサにいった最初の頃は今ひとつで、もう終わりかなんてことも言われてたんだけど、ここに来て見事に復活してきた。アンリの復活が今年のバルサの原動力になったことは間違いないね。

田邊 しかも単に復調しただけじゃなくて、攻撃でも、エラシコみたいなリズムで両足でボールを運びながら、相手のタイミングを外してパスのようにシュートを流し込む新しい芸当まで身につけた。アーセナル時代は、右足から巻いたボールでゴールを狙うパターンが多かったんですけどね。31歳でさらに伸びるっていうのはすごいですよ。

► 【次のページ】  イニエスタという異才の存在が、マンUにとってはやりにくいはず。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/4ページ
関連キーワード
ジョゼップ・グアルディオラ
アレックス・ファーガソン
シウビーニョ
ティエリ・アンリ
リオネル・メッシ
アンドレス・イニエスタ
パク・チソン
クリスティアーノ・ロナウド
バルセロナ
マンチェスター・ユナイテッド

ページトップ