ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

ブンデスリーガ、得点王の呪い。
~グラフィッチ不振の真相?~ 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2009/10/30 10:30

ブンデスリーガ、得点王の呪い。~グラフィッチ不振の真相?~<Number Web> photograph by Getty Images

CLベシクタシュ戦で一発退場。グラフィッチは本当に呪われている?

 ブンデスリーガには「得点王の呪い」が存在する。リーグ得点王に輝いた選手が、「呪い」にかかったように翌シーズンにゴール数を大きく減らしてしまうという怪奇現象が、およそ10年にわたり続いているのだ。

「呪い」にかかると得点は半減する!?

 '98-'99シーズンからの10シーズンで得点王になった選手がどれくらいゴール数を減らしているのかを示すのが下の表である。

シーズン得点王(当時の所属)得点王となったシーズンの
ゴール数
翌シーズンの
ゴール数
'08-'09グラフィッチ(ヴォルフスブルク)28??
'07-'08トニ(バイエルン)2414
'06-'07ゲカス(ボーフム)2011
'05-'06クローゼ(ブレーメン)2513
'04-'05ミンタル(ニュルンベルク)241
'03-'04アイウトン(ブレーメン)2814
'02-'03クリスチャンセン(ボーフム)219
'02-'03エウベル(バイエルン)21--
'01-'02アモローゾ(ドルトムント)186
'01-'02マックス(1860ミュンヘン)186
'00-'01バルバレス(ハンブルガーSV)227
'00-'01サンド(シャルケ)2211
'99-'00マックス(1860ミュンヘン)198
'98-'99プリーツ(ヘルタ・ベルリン)2312
(ただし、マレク・ミンタルとエウベルのケースは除く。'04-'05シーズンの得点王のミンタルは、翌シーズンのほとんどを怪我で欠場しているため。'02-'03シーズンでトーマス・クリスチャンセンと並んで得点王になったエウベルは、翌シーズン途中にフランスのオリンピック・リヨンへと移籍したため)

 この10年、歴代の得点王たちが翌シーズンに決めたゴール数は、平均すると前シーズンの45.5%。なんと半分である。「呪い」と言われるゆえんである。

昨季の得点王は開幕9戦で未だ2ゴールのみ。

 昨季の得点王は、グラフィッチだ。得点王のみならず、ブンデスリーガの年間最優秀選手にも選ばれるほどの活躍で、ヴォルフスブルクを初優勝に導いた。25試合で28ゴールは驚異的な成績だった。

 だが、今季はどうだろう。彼が今季のリーグ9試合で決めたのは、PKを含む2ゴールだけ。8月7日の開幕戦以来、フィールドゴールを決めていない。「呪い」の魔の手がグラフィッチを掴んでいる。そう断言したくなるような成績である。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  監督との確執がグラフィッチ不振の原因か。

1 2 3 NEXT
アルミン・フェー
グラフィッチ
ヴォルフスブルク

ページトップ