Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<オリックスの若き右腕> 西勇輝 「いつも笑顔でナイスピッチング」 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKosuke Mae

posted2011/06/17 06:00

<オリックスの若き右腕> 西勇輝 「いつも笑顔でナイスピッチング」<Number Web> photograph by Kosuke Mae
プロ入り後2年間未勝利の投手が、今季初登板から4連勝。
オリックス入団3年目にして突如開花した20歳の右腕は、
屈託のない笑顔でファンもチームメイトも虜にする。
あどけなさすら残る彼だが、投手としての才能は折り紙付き。
目下、怖いものなしのように見えて繊細な一面も覗かせる。
勝つことで飛躍のきっかけを得た“西のユウちゃん”は、
時には負けて迷いながらも、一直線にエースを目指す。

“西のユウちゃん”。紙面にそんな見出しが躍ったのは、オリックスの西勇輝がプロ初勝利を飾った翌日の4月18日だった。今年初めてローテーション入りした20歳は、6人目の先発として日曜日の試合を任された。日本ハムの斎藤佑樹と同じ日に初勝利を飾ったことから、「西のユウちゃん」となった。

「ラッキーでしたね。だって名前が売れるじゃないですか」

 西のユウちゃんは、屈託なく笑う。

 一方で、どれだけ西が素晴らしいピッチングで勝利を重ねても、日曜日のトップニュースは、あくまでも本家“佑ちゃん”だった。

「全然かまいません。後から逆転したらいいだけですし。焦っても意味ないんでね。僕はカメタイプなんで」

 あどけない顔で、大胆なことをサラリと言ってのける。

 三重県立菰野高校から'09年にドラフト3位で入団した西は、3年目の今年、投げるのが楽しくてしかたがないというオーラを全身から発していた。初勝利から4連勝の快進撃で、チームの勝ち頭となった。

ルーキー時代の西が見せた、地に足のついた一面と“ビッグマウス”。

 初々しい笑顔で、高校野球のような爽やかさを振りまく。何も背負っているものなどないかのように思い切って腕を振り、デッドボールも怖れずにインコースにズバズバと投げ込む。5月31日現在、与えたデッドボールの数はリーグトップだ。ぶつけられたバッターはたまったものではないが、あの無垢な顔で恐縮されると、つかみかかっていく怒気も失せてしまうのではないかと思ってしまう。

 怖いものなしのようでいて、実は地に足がついた一面もある。西がルーキーのとき、給料の使い道について話したことがあった。

「僕は貯めていくタイプ。怖いじゃないですか。こんな仕事だと、ケガしたら終わりだし、いつクビになるかわからないですから」

 まだ高校の卒業式を終えたばかりの新人は、こんなことも言っていた。

「高卒1年目は体作りという人もいると思うけど、僕はそれじゃ遅いと思う。早く一軍に上がって1勝したいです。一軍で結果を出してこそ一流の投手。いくら二軍で勝っても、給料は上がっていかないですしね」

 その言葉が単なるビッグマウスでなかったことを、当時二軍投手コーチで、現在は一軍コーチを務める小林宏が証明する。

【次ページ】 一軍昇格は早かったが、初勝利までの道は遠く……。

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
西勇輝
オリックス・バファローズ

ページトップ