Column from SpainBACK NUMBER

クラシコの苛立ち。 

text by

鈴井智彦

鈴井智彦Tomohiko Suzui

PROFILE

photograph byTomohiko Suzui

posted2007/12/27 00:00

クラシコの苛立ち。<Number Web> photograph by Tomohiko Suzui

 「ホワイト・クリスマスなんかにはさせないよ」

 またうまいことをいう。

 クリスマスとレアル・マドリーの白をかけてクラシコの勝利を願っていたのは、バルセロナの人たちだった。

 しかし、いつものように強気な声は響いて来ない。カンプ・ノウでのクラシコは圧倒的な勝率を誇っているのだが、どうも不安の影がチラチラする。

 そりゃ、そうだ。前節、ロナルド・クーマン率いるバレンシアに圧勝したけど、メッシが壊れてはテンションもあがらん。

 ボージャンにドス・サントスがいるじゃないか。

 バルセロニスタは十代の若者に期待を寄せた。でも、ちょっとおかしい。誰も「オレらにはロナウジーニョがいるから」という声をあげないのだ。

 このところの絶不調に加えて、練習での覇気のなさも指摘されていたロナウジーニョ。でも、なんだかんだいって「ロニーは期待に応えてくれるだろう」という思いを、誰もが心の片隅に大切にしまってもいた。最高のクリスマス・プレゼントとして。

 しかし……プレゼントは届かなかった。嗚呼、ブルーなクリスマス。バルサは呆気なく0−1で敗れたのである。

 地元スポーツ紙のアンケート調査。

 「正当な敗戦である?」

 イエス81%。ノー19%。

 「敗戦の罪は誰にある?」

 全員51%。ライカールト31%。ロナウジーニョ18%。

 「レアル・マドリーとの7ポイント差は取り戻せる?」

 イエス31%。ノー69%。

 かなり弱気。かなりの負け犬。カタルーニャ人らしさなし。

 あの日カンプ・ノウには、こりゃ勝てないわ的な空気が漂っていた。

 最初はまだよかった。35分にバプティスタに先制弾を決められても、まだ生気がみなぎっていた。なんせ魔物が棲むといわれるカンプ・ノウだ。逆転可能。10万人の罵声はレアル・マドリーを非力にさせるのがクラシコだ。でも、次第に苛立ちが募っていく。

 選手に魂が感じられない。

 こんなときはキャプテンのプジョルがイレブンを叱咤するのだが、ロビーニョの相手をするだけで余裕がない。エトーの古巣レアル・マドリーに向けた個人的な思いも伝わってこない。ないないづくし。

 ジレンマに襲われる。

 ロナウジーニョにブーイングをしたいが、まさかクラシコでするわけにもいかんだろう。そんな葛藤もカンプ・ノウから殺気だった雰囲気を奪っていく。いつもなら負けてるときのバックパスには、間髪入れずにツッコミが入るのだが。

 今後もバルサは問題が山積みだ。

 エトーとヤヤ・トゥーレが、ガーナで行われるアフリカ選手権2008に出場する。新年早々から約1カ月間、バルセロナを離れてしまう。メッシのケガも早くて全治1カ月である。

 そして、何より最大の問題は、ロナウジーニョだ。バルセロニスタはクールだ。エトーやメッシは時がたてば戻ってくるが、あの頃のロニーはもう戻って来ないだろうと思っている。

 サヨナラ。いまはそんな気分だ。

ページトップ