SCORE CARDBACK NUMBER

全仏初の大波乱が物語る
「女王不在」という難局。
~女子テニスからドラマが消えた?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2011/06/13 06:00

全仏初の大波乱が物語る「女王不在」という難局。~女子テニスからドラマが消えた?~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

四大大会初優勝を狙うも、第28シードのハンチュコバに0-2で完敗したウォズニアッキ

 全仏オープン女子シングルスは波乱の大会となった。第1シードのキャロライン・ウォズニアッキが3回戦、第2シードのキム・クライシュテルスが2回戦で敗退。上位2シードが16強に残れないのは全仏史上初、四大大会を通じても1968年のオープン化(プロ解禁)以降初めての出来事だった。優勝は第6シードの李娜。中国人選手として初の快挙で、今大会を象徴する結果となった。

 女子テニスは今、女王の名にふさわしい選手が不在で、混沌とした状況にある。今大会は四大大会で優勝のないウォズニアッキが第1シード、クライシュテルスも故障明けとあって、混戦はある程度予想できた。上位2シードが早く敗退したことを単に珍事と片づけられないのが今の女子テニス界なのだ。

 混戦の第一の要因は、中間層の底上げだ。「一世代前は勝ち残る顔ぶれはいつも同じだったが、今は1回戦からどちらが勝つかわからない戦いが増えた」と言うのは杉山愛。「50位くらいの選手が上位シードを倒しても少しもおかしくない」というのだ。ただ、これは上位選手に盤石の強さがないことと裏表だ。マルチナ・ヒンギスやウィリアムズ姉妹が支配した時代はすでに過去のもの。よく言えば群雄割拠だが、要は絶対的な選手がいないのである。

主役クラスの不在に加え、似たスタイルの選手が増えた女子テニス。

 ツアーの主役となりうる選手がいれば、そこに「物語」が生まれる。シュテフィ・グラフとヒンギスの新旧女王対決、ヒンギスとウィリアムズ姉妹による技と力の攻防など、以前の女子テニスには分かりやすい構図があった。観客には歴史を目撃している興奮があり、テニスに詳しくないファンもこのスポーツを堪能できた。そうした主役クラスがいないだけでなく、今の女子はテニスそのものが薄味であることも否定できない。テニスが一面的で、体力勝負の色合いが強いのだ。似たようなスタイルの選手たちが繰り広げるつばぜり合い、これを固唾をのんで見守るのは限られたファンだけだろう。

 実際、女子ツアーは集客に苦戦しているという見方もある。ツアー事情に詳しい関係者によると、女子テニスは企業のイメージアップには効果的で、スポンサーはつきやすい。だが、集客はままならず、大会規模や賞金総額の維持に苦労している大会もあるという。

 女王不在の時代をどうしのぐか。女子ツアーは今、難しい時代を迎えている。

■関連コラム► 攻撃一本から万能型へ。森田あゆみ、脱皮の兆し。~テニスの天才少女、その後~
► 土居美咲に漂うクルム伊達と同じ“匂い”~今季急成長した19歳の強み~

関連キーワード
キャロライン・ウォズニアッキ
全仏オープン

ページトップ