野ボール横丁BACK NUMBER

今季の楽天は大化けする!!
野村克也の後任監督が優勝する
わけ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2010/01/16 08:00

今季の楽天は大化けする!! 野村克也の後任監督が優勝するわけ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 緊張と緩和。組織とは、畢竟(ひっきょう)、このバランスなのだと思う。どちらに傾き過ぎても「平均台」の上を上手に歩くことはできない。

 全国優勝の経験もある高校野球の監督が、こんな話をしていたことがある。

「それまでずっと厳しくしていた監督が辞めて、おおらかな監督に変わった途端、ポッと強くなることがある。張り詰めていたものが緩んでちょうどいい状態になるんですよ。でも逆はないですね。監督を代えて、それまでの緩みを締め直そうとしたら、やっぱり最低でも3年はかかる」

 そんな話を思い出したのは、ある野球解説者が、最近、西武について似たような分析をしていたからだ。

「あそこは前監督の伊東(勤)さんがけっこう厳しくやっていたでしょう。それで選手たちともギクシャクしていた。そんなときに放任主義の渡辺(久信)さんがやってきた。就任1年目はうまい具合に結束したんですよ。そういう状況だと、おおらかな監督というのは求心力を得やすいですしね。でも、それが通用するのは1年だけ。勝ち続けるには厳しさも持ち合わせていないと無理ですよ」

野村監督からの「親離れ」の時期を迎えていた楽天。

 そんな見方を用いると、今季、恐ろしいチームがいることに気づかされる。そう、楽天だ。

 前監督の野村克也氏は、縛って、縛って、縛り付けた。サインプレーなどが多すぎて、投手陣からは「投球に集中できない」と不平不満もあったが、当時、まだよちよち歩きだった楽天にとっては、そういう「義務教育」が必要な時期でもあったのだろう。しかし、それが功を奏するのは草創期もしくは再建期だけだ。

 チームが強くなってくると、そのバランスは微妙に崩れ始める。自立し始めた選手の中に監督を疎む気持ちが芽生えるのだ。親離れの時期を迎えた子が、親をうっとうしく思うのと同じだ。そんな風の変化を読み違えると、せっかく上昇気流が生まれても、それに乗り損ねてしまう。昨季の楽天は、まさにそんな状況の真っ直中にあった。風をつかまえたり、見失ったり、そしてまたつかまえたり、と。

 楽天の上昇気流は、今はまだ勢いを失っていない。そして、そんなタイミングで、監督交代劇が起こったわけだ。この人事は、これまで挙げた2人の証言に照らし合わせると、これ以上ない吉兆なのではないか。

 野村氏が残留していたとしてもそれなりの結果は残しただろう。だが、ブラウン監督にバトンタッチしたことで、絶妙な時期での「緊張」から「緩和」という黄金リレーが成立したことになる。楽天が大爆発しそうな予感がプンプンするではないか。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  野村氏の後任監督は必ず優勝。二度あることは三度ある!?

<< BACK 1 2 NEXT >>
1/2ページ
関連キーワード
マーティ・ブラウン
星野仙一
野村克也
東北楽天ゴールデンイーグルス

ページトップ