野球善哉BACK NUMBER

能見、岩田と阪神エースの座を競う、
大黒柱・安藤優也の存在感。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/02/08 10:30

能見、岩田と阪神エースの座を競う、大黒柱・安藤優也の存在感。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

2009年は、一度も先発ローテーションから外れることなく投げ続けた安藤。8勝12敗という成績に終わったが、投球内容は決して悪くなかった

 2月1日、プロ野球12球団の春季キャンプが一斉にスタートした。

 キャンプ序盤の見どころは新戦力の動向である。新入団選手、特に新人選手の力量がどれほどのレベルにあるのか、メディアやファンはこぞって注目する。

 今年は埼玉西武ライオンズの高卒新人・雄星が注目の的となっている。2年前の中田翔、3年前の田中将大など、その年の目玉に注目するのが今のスポーツメディアの風潮である。個人的には雄星は焦らずじっくり育ててほしいと願っているが、渡辺久信監督が「(南郷に)連れて行かなかったら、みなさんが大変じゃないですか?」とコメントしたように、目玉選手にとってこの時期の報道過多はどうしても避けられない。

新人のキャンプ不参加となった楽天と横浜のチーム事情。

 今年のキャンプの一軍参加メンバーの顔ぶれを見ていると、新人選手の数が多いように思えた。これも、「雄星効果」と結び付けて考えていたが、実際、トータルで見ると昨年とさほど変わりはない。ただ、各チーム間での増減が激しく、チーム事情が反映されているのがみて取れる。

 たとえば、昨年の楽天は井坂、藤原、井上の新人3選手が一軍キャンプに参加していたのに対し、今年はひとりもいない。これは野村前監督とブラウン監督の違いと読み取っていい。

 育成を重視するブラウン監督は広島時代、戦力になってもおかしくなかった1年目の前田健太を、1年間一軍マウンドに上げなかった指揮官である。それが2年目以降の前田健の活躍を促したし、今や彼は立派なローテーションピッチャーに成長した。

 このほかで目につくのは横浜。

 昨年の5人から今年は一軍にひとりも抜擢していない。昨シーズン後に、FAやトレードを2度実践したチーム事情から、方針が「育成」よりレギュラー陣による「強化」を重視したものになっていることがうかがえる。キャンプではチームの基盤を固めたいのだ。去年のキャンプで一軍だった2年目の5人のうち4人は今年も一軍キャンプに選ばれているし、このほかにも、4年目の梶谷隆幸や高森勇気ら伸び盛りの若手もメンバー入り。生え抜きの中堅やベテラン、移籍組、若手と入り混じってチーム強化に動いている。いかに横浜が変貌できるのか、このキャンプでの注目の一つだ。

<次ページに続く>

► 【次ページ】  昨季不振の安藤に代わる阪神の新エースは現れるか。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
岩田稔
安藤優也
能見篤史
東北楽天ゴールデンイーグルス
横浜ベイスターズ
阪神タイガース

ページトップ