私とDo 特別編BACK NUMBER

<私とラン> タニタランナーズクラブ 「社員すべてがラン仲間」 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2011/06/02 06:00

<私とラン> タニタランナーズクラブ 「社員すべてがラン仲間」<Number Web> photograph by Asami Enomoto
2年以上かけて地球を一周した寛平ちゃんのように、
長い距離を走ることに生きがいを感じる人もいる。
茂木先生のように、走りたくなったら5分でも
いいから走るという人もいる。走り方はその人次第。

今回は、Number Do第2弾「100人が語るRUN!」より、
『体脂肪計タニタの社員食堂』が話題の
株式会社タニタ・ランニング部の方々。
雑誌ではこぼれた話も収録した特別版を公開します。

 タニタ・平河町オフィスのランニング部は、皇居が近いことで自然発生的に発足。レギュラーメンバーは10名だが、走りに行く日は社内全体に声をかけるため「社員のほとんどの人が、一度は一緒に走っています」。社員すべてがラン仲間、といっても過言ではなさそうだ。

 社内には数人に1台の体組成計を常備、歩数計も必ず身につけ、毎日「からだカルテ」(インターネットを使用したタニタの健康管理サービス)で健康管理をしている。取材時は、社内でチーム対抗の歩数競争を開催中。「このまま皇居へ行って、みんなの分も歩数を稼いできます」とのことだった。

「それぞれ個人的にフルマラソン大会に出場したり、トライアスロンに挑戦したりはしていますが、タニタのクラブとしての活動は、終業後の皇居ラン。タイムも測らず、話しながら1~2周して終了です。コミュニケーションが深まって、仕事にもプラスに影響するので、このままゆっくりと継続していきたいですね」

 健康運動指導士や、管理栄養士の資格を持つチームメイトがいるのもタニタならでは、かも。

◇    ◇    ◇

◆タニタランナーズクラブの皆さんへのQ&A
    在籍10人/結成4年

Q1 結成のきっかけは?
オフィスが皇居に近いので。

Q2 メンバー募集の仕方は?
社内でのスカウト。

Q3 どんな活動をしてる?
月1回はみんなで皇居ラン。

Q4 今後やりたいことは?
このまま楽しく健康維持。

Q5 仲間でランを楽しむ秘訣とは?
タイムは競わず、話しながら走る。

Q6 おすすめの大会は?
荒川市民マラソンはタニタ社員の参加率高。

Q7 チームのハイライトは?
年に1回、本社のランニング部との交流会。

NumberDo 表紙Sports Graphic Number Do
100人が語るRUN! 【ロングインタビュー】 村上春樹 「僕は走り続けてきた」
【連続インタビュー】 私とラン。 間寛平/道尾秀介/秋野暢子
岡野雅行/ソニン/茂木健一郎
【知ってトクする!?】 ランの論点2011 高橋尚子/安田美沙子
森脇健児/鏑木毅/金哲彦 ほか
【世にも不思議なシューズの話】 NIKEフリー開発秘話
【私の「自転車」論】 為末大/吉澤ひとみ/高千穂遥
【私の「山」論】 KIKI/「山と渓谷」編集長/ギリギリボーイズ
【とじこみ付録】 金哲彦の100日レッスン第2弾 「やせる 金トレ!」
定価:880円(税込)    ► 目次ページへ

■関連コラム► <私とラン> 茂木健一郎 「人間には走りだすと『うれしい』と感じる本能がある」
► <モー娘。OGの「自転車」論> 吉澤ひとみ 「楽屋でも乗ってます」

 

関連キーワード
私とラン

ページトップ