NumberEYESBACK NUMBER

7年ぶり18度目の優勝に、
ミランの“オヤジ力”を見た。
~勝ち続けてきた老舗の経営哲学~
 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/06/02 06:00

インテルの6連覇を阻み、2節を残して優勝を決めた

インテルの6連覇を阻み、2節を残して優勝を決めた

 イタリアでは、ミランが7年ぶり、18回目のスクデットを勝ちとった。優勝の要因として、イブラヒモビッチやロビーニョらの積極補強や監督アッレグリの采配等が挙げられるが、決して無視できないのは、チームの中核を担ったベテランたちの働きぶりだ。経験に裏打ちされた“オヤジ力”を見せた彼らは、脇役どころか、むしろシーズンの大事な場面では堂々の主役を張ってきた。

 優勝を決めたローマ戦のスタメン平均年齢は、実に30.4歳。'76年組のセードルフ(35)とネスタ(35)を筆頭に、ザンブロッタ(34)やアッビアーティ(33)もシーズンを通して決定的なプレーを重ねた。前監督レオナルド(現インテル)との確執もいまだ根強いガットゥーゾ(33)は試合後、特大シャンパンボトルを振り回し、歓喜に酔いしれた。

「誰もが、俺たちベテランを『死んだも同然』と見下していた。だから、この優勝は余計に嬉しいのさ!」

ピルロ(32)の代役にファンボメル(34)を立てるベテラン重用主義。

 ミランのベテラン重用主義は、若手を積極的に起用するドイツやスペインとは明らかに一線を画すものだ。長期欠場に追い込まれたピルロ(32)の代役として、冬の移籍市場で急遽獲得されたのが、オランダ・スペイン・ドイツで優勝経験をもつファンボメル(34)だったことも象徴的だ。

 彼らは皆、ひと癖もふた癖もある強者揃い。多士済々のロッカールームを束ねるには、修羅場をくぐった数がモノを言う。運動量は落ちたが、抜群のリーダーシップを発揮するセードルフの代役はいない。最少失点を誇る鉄壁の守備陣を支えたネスタにはキャリア晩年を見据えた鬼気迫る覚悟がある。やはり30代後半に達したパオロ・マルディーニやカフーを一線で使い続けたように、ミランは過去にもベテランを重宝してきた。

 彼らは、一度タイトルを獲って満足してしまうようなお人好しではないし、受けた屈辱は晴らすまで絶対に忘れない。“オヤジ力”とは、角が取れて円くなることを意味しない。経験とともに、自らの持ち味を深め、次の勝利に貢献することだ。イタリア各紙は今季の優勝を「ベテランたちのリベンジ」と評した。心中期するものが多かった彼らに、意気を酌んだ指揮官の的確な起用も実って、見事結果につながったというわけだ。

<次ページへ続く>

【次ページ】 25年間、「不変」の組織でトップを走り続けてきたミラン。

イビチャ・オシムの「オシム問答」
1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ