MLB Column from WestBACK NUMBER

イチロー3000本安打、現地での温度差の理由 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images/AFLO

posted2008/08/06 00:00

イチロー3000本安打、現地での温度差の理由<Number Web> photograph by Getty Images/AFLO

 先日イチロー選手が、日米通算3000本安打の偉業を達成した。日本では張本勲氏以来2人目の快挙ということで、日本では大々的に報じられた。当日現場にいた私も、日本人報道陣の多さに驚くしかなかった(キャンプ取材から始まり、あれだけの日本人報道陣が集まった場所に取材に行ったのは、間違いなく今シーズン初めてだった)。

 だがその一方で、アメリカ国内での報道ぶりはというと、記録達成前の認知度は明らかに低かったと言わざるを得ない。最後に3000本安打を達成した昨年のクレイグ・ビジオ選手(当時アストロズ。昨年限りで引退)の時は、記録達成前から全国規模で報じられていたと思う。だが今回は地元シアトル以外では、ほとんど注目されていなかったのではないか。まさにそれを証明したのが、記録達成を目撃していた「レンジャーズ・ボールパーク」に集まったファンの反応だった。

 イチロー選手が第1打席でレフト前安打を放った瞬間、記録について知っていた一部ファンの拍手とともに、「またイチローが打ったか」という敵ファンとして微かなブーイングが聞こえるだけ。拍子抜けするほど静寂に包まれていた。しかし直後に電光掲示板に記録達成が紹介されると、それまでの雰囲気は一変し、ファン全員が一塁上のイチロー選手に拍手を送り、祝賀ムード一色に包まれたのは日本でも報じられている通りだ。

 ファンばかりではない。イチロー選手にヒットを打たれたメンドーサ投手でさえ、球場内に広がった拍手を聞いて何事が起こったのか理解できなかったという。確かに試合後にレンジャーズ選手たちに話を聞きに行っても、まず記録について事前に知っていた選手は皆無だったといっていい。

 日米のこの温度差は、やはり“日米通算”という部分にあると考えるべきだろう。どうしてもアメリカでは、我々のように日本の記録を判断基準に加えるのが決して一般的ではないのは仕方がないだろう。以前に野茂投手が日米200勝を達成した際にも、同様のギャップを感じたものだった。今回のイチロー選手の記録達成に立ち会ったのも、米国報道陣はマリナーズとレンジャーズの報道陣のみ。各紙誌にいる地元チーム以外の話題を担当する“ナショナル・ベースボール・ライター”は1人も姿を見せなかった。だがこの辺のところをマリナーズ担当記者の1人は「時期が悪かった」と説明してくれた。

 「運悪くトレード期限日(7月31日)と重なってしまったからね。ナショナル・ベースボール・ライターもトレードの話題を追いかけるので手一杯だろう。もしこの時期とずれていたら、もう少し他のメディアも集まってきたと思うよ」

 その指摘も決して的外れではないとは思うが、個人的には今回の日米通算3000本安打以上に、イチロー選手が来シーズンにも達成しそうなメジャー通算 2000本安打の方が全国的に注目を集めるような気がしてならない。アメリカではどうしても、彼らの目の前にあるメジャーでの記録にしか意識が向かないのではないだろうか。

 だが勘違いして欲しくないのは、アメリカでの認知度が低かったからといって、イチロー選手の記録自体の価値までもが低く見られている訳ではないということだ。前述の通り、記録を知った敵地のレンジャーズ・ファンがスタンディング・オベーションをしてまで称えたことでもわかるだろう。イチロー選手の記録を知らずに試合観戦に来ていたある初老のレンジャーズ・ファンは、試合前にこのように話している。

 「記録についてはまったく知らなかったが、日米通算にしろ3000本安打というのは凄い記録だよ。イチローが素晴らしい打者だというのは誰でも知っていることだ。彼が始めからメジャーでプレーしてれば、間違いなく3000本安打していただろう。それに彼はまだ若かったね。メジャーでも通算3000本安打できるんじゃないかな」

 イチロー選手のファンではないというレンジャーズ・ファンですら、マリナーズのリグルマン監督とまったく同じ見解を述べているのだ。メジャー7年間で残したイチロー選手の実績を通して、アメリカ中の人々が「イチローがメジャー史上屈指の好打者」という共通認識を持っているのは確かであり、多くの人々が記録の価値を疑っていない証拠と考えていいだろう。

 「イチローって本当に凄い打者だと思うよ。もちろんメジャーでも3000本安打を打つと思うし、それ以上に僕が楽しみにしているのが、彼がピート・ローズの通算安打記録を破るかどうかなんだ」

 チームを度外視してイチロー選手に憧れているというレンジャーズ・ファンは、興奮気味にまくしたてた。もちろんイチロー選手がメジャー通算3000本安打を達成する可能性は高いだろう。そして達成したとすれば日米通算安打は4278本となり、ローズの記録4256本を越えることになる。その時は今回と違い、全米中で“日米通算”記録が注目を集めることは間違いないだろう。

関連キーワード
イチロー
ピート・ローズ

ページトップ