SCORE CARDBACK NUMBER

ブルズの「接着剤的存在」、
ルオー・デンの大切な目標。
~NBA優勝とロンドン五輪と~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2011/05/26 06:00

ブルズの「接着剤的存在」、ルオー・デンの大切な目標。~NBA優勝とロンドン五輪と~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

東地区決勝初戦ではヒートのエース、レブロンを封じ込めつつ21得点を挙げ、攻守に奮闘

 4月、ルオー・デン(シカゴ・ブルズ)はひとつの目標を達成した。レギュラーシーズン全82試合に出場すること。些細な目標に思えるが、'04年にNBA入りしてから昨季まで全試合出場したのは僅か1シーズンだっただけに、大きな一歩だった。特に2シーズン前に右けい骨の疲労骨折でシーズン半分近くを欠場したときがたまたま、6年間7100万ドルで契約延長した直後だったために「高額契約をした途端に手を抜いた」と批判され、悔しい思いをした。それだけに、なおさら達成感があった。

 現在はブルズのベテラン・リーダーであり、チームに必要なことは何でもやる「接着剤的存在」(ブルズHC、トム・シボドー)。5月15日の東カンファレンス決勝第1戦では、マイアミ・ヒートのレブロン・ジェイムスを好ディフェンスで抑え、勝利に大きく貢献した。シリーズの鍵を握る一人だ。

もう一つの目標はイギリス代表としてロンドン五輪でメダルを取ること。

 今はNBA優勝に集中しているが、実はもうひとつ、同じぐらい大切な目標がある。イギリス代表として来年のロンドン五輪でメダルを取ることだ。

 他の欧州諸国に比べてバスケットボール後進国のイギリスは、50年以上オリンピックに出場していない。来年のロンドン五輪も国際バスケットボール連盟から、開催国といえども自動的に出場権は与えられないと通達を受け、デン自身も表に立ち、本気で強化に取り組む姿勢を見せたことで、ようやく出場権を与えられたばかり。現実的にはメダルどころか予選ラウンドの突破すら高い壁である。

 それでもデンは、「オリンピックに出場するだけで満足するつもりはない。毎試合、全力で勝ちに行く」と宣言する。ブルズも、最初から優勝候補だったわけではない。目指さないことには何も始まらないのだ。

内戦の激しい母国スーダンからイギリスへと逃れた生い立ち。

 デンがイギリス代表に対して、それだけ思い入れがあるのには理由がある。実はデンはスーダン生まれ。4歳のとき、内戦が激しい母国から家族と共に逃亡し、イギリスに迎え入れられたのだった。

「イギリスには僕も家族も助けてもらった。それだけに、ずっと何か恩返しをしたいと思ってきた」とデンは言う。

「イギリスは何でもあるから、僕ができるのは、バスケットボールを通して役に立つことだけなんだ」

■関連コラム► 好調ブルズを牽引する、謎のヘッドコーチの素顔。~情熱の遅咲き指揮官がデビュー~
► フィル・ジャクソンの究極スター操縦法。~ジョーダン&コービーを育てた男~

関連キーワード
ルオー・デン
シカゴ・ブルズ
NBA

ページトップ