Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ドラガン・ストイコビッチ&アレックス・ミラー 「超」組織サッカーのススメ。 

text by

西部謙司

西部謙司Kenji Nishibe

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu

posted2008/11/06 21:02

ドラガン・ストイコビッチ&アレックス・ミラー 「超」組織サッカーのススメ。<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

 ドラガン・ストイコビッチとアレックス・ミラー、2人の監督に共通しているのは、チームに組織を植え付けたことだ。しかも、極めて短期間で。

 日本のサッカー、Jリーグの特徴は組織力だといわれている。それは確かにそうなのだが、名古屋グランパスとジェフ千葉を見ると、本当にそうなのかという疑問が湧いてくる。

 名古屋と千葉は個人能力よりもチームプレーが際立つ、組織力で戦っているチームだ。組織が看板のJの中でも組織力が目立っている。ストイコビッチ監督の名古屋は開幕直後から首位争いを演じ、シーズン途中で就任したミラー監督の千葉は最下位から脱出した。

 2人の外国人監督が来て、短期間で組織力が上向いた。他の多くのクラブが、組織力という点で追い抜かれてしまった。そうすると、それまであると思っていた組織力は、実はニセモノだったのかもしれない。

 サッカーのピッチ上での組織力とは、簡単にいえば正しいポジショニングである。

 攻守に正しいポジションをとることで、パスワークがスムーズになったり、穴のない堅固な守備ができる。ただ、日本ではよくこういうフレーズも使われている。

 「サッカーに正解はない」

 正解はひとつではない。それはサッカーの本質ではある。だが、こと組織(ポジショニング)に関していえば、監督は「正解」を持っていなければならない。

 「そこにいてもいいし、こちらも考えられるかもしれない。まあ、結局自分で考えて動きなさい」

 これではチームは絶対に組織化されない。選手たちは個々の正解を求めて、ピッチ上をさまようだけだ。

 「君はここにいるべきだ」

 ストイコビッチとミラーは、そう言える監督なのだ。それは彼らの率いるチームのポジショニング、動きに曖昧さが少ないことに表れている。正解を持つ監督が率いたことで、それまでぼんやりしていたディテールが明確になった。それが組織力の差を生んだ。要は、それまで組織的だと思っていたサッカーが、かなり詰めの甘いものだったことを2人の監督によって浮き彫りにされたのではないだろうか。

組織を整える事で迷いが消え、プレーが改善されている。

 「役割が明確なので、ピッチで迷うことがない」(中村直志)

 「コンセプトを理解させる力を持っている」(フローデ・ヨンセン)

 名古屋の選手たちが口を揃えるのが、ストイコビッチ監督の明確さだ。

 ディテールはシンプルなひと言で説明される。シンプルな「正解」の集合体だけが全体の組織力につながっていく。

 仲間のポジショニングはわかっているから判断も早い。ここはサイドチェンジ、いまはオーバーラップ……。迷いがなくなり、ミスは減り、リズムと自信が生まれる。

 「我々のスタイル」

 ストイコビッチは、よく「我々のスタイル」と言う。結果が良くても悪くても、「我々のスタイル」が実現されていれば、必ずそれを評価する。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
アレックス・ミラー
フローデ・ヨンセン
ドラガン・ストイコビッチ
中村直志
名古屋グランパス

ページトップ