Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<地獄から頂点へ> 高橋大輔 「語り継がれる演技をしたい」 ~バンクーバー展望~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2010/02/10 10:30

<地獄から頂点へ> 高橋大輔 「語り継がれる演技をしたい」 ~バンクーバー展望~<Number Web> photograph by Shino Seki

 順風満帆かに思えた彼のフィギュア人生は、'08年の怪我により一転した。壮絶なリハビリに耐え、今、再びオリンピックの舞台に舞い戻る――。

「大ちゃん、お帰り!」

「お帰りなさい!」

「ようやく帰ってきたね」

 2009年12月26日、全日本選手権の男子が終わった大阪なみはやドーム内に、女性の声が、いくつも、いくつも、やむことなくこだまし続けた。

 彼女たちが叫ぶ当の相手、高橋大輔は、どこか安堵感を漂わせ、笑顔で手を振る。

 1シーズンの欠場という大きな危機を乗り越えての2年ぶりの全日本優勝は、帰ってきた、という言葉がたしかにふさわしかった。

 そしてその優勝は、4年前に掲げた目標を成し遂げるための、過程でもあった。

「いろいろな気持ちが交錯した1年でした」

「いろいろなことがありましたね。落ち込んだり、迷ったり、安心したり、いろいろな気持ちが交錯した1年でした」

 競技人生の中でも、最大の危機かもしれなかった1年を、高橋はこう振り返った。

 高橋は、まぎれもなく、日本男子フィギュアスケートを代表する選手である。現在だけの話ではない。歴史を踏まえても、そう言うことができる。

 実績がそれを物語る。主だったところをあげれば、'07年の世界選手権では日本男子最高となる銀メダルを獲得。'08年の四大陸選手権では、フリースケーティングと総合得点において、国際スケート連盟の公式記録における世界歴代最高得点を記録。総合得点の264.41は、むろん、プルシェンコ(ロシア)がトリノ五輪で金メダルを獲得したときの258.33を上回るものであった。

 実績もさることながら、世界屈指のスケーティング技術を土台に、華麗なステップワークを中心とした高橋の演技は、まさに彼だけの世界を作り上げる。観る者は、思わず引きこまれずにはいられない。

世界一を目前にした高橋を襲った致命的な怪我。

 そんな、世界のトップフィギュアスケーターの一人である彼を、競技人生を左右しかねないアクシデントが襲う。'08年10月のことだ。

 '07年の世界選手権銀メダルのあと、優勝を狙った'08年の同大会は4位にとどまった。再度、世界一を目指して、新しいシーズンに向けて練習に励んでいた矢先だった。トリプルアクセルの練習中、右膝を負傷したのだ。精密検査の結果は、「右足膝前十字靭帯と半月板損傷」。

 下半身の関節をフルに使うフィギュアスケートでは、致命的といえる怪我である。高橋自身もそれは理解していた。

「衝撃は……それはもう、大きかったです」

 手術を経て、1シーズンまるまる休養してリハビリが始まる。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 「最悪の事態」をも想起させた、壮絶なリハビリの日々。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/5ページ
関連キーワード
高橋大輔(フィギュア)
オリンピック
バンクーバー五輪

ページトップ