Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<ダークホース探訪> フィオレンティーナ 「セリエCからの逆襲」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byRyu Voelkel(T&t)

posted2010/03/01 10:30

バール『マリーザ』に飾られているルイ・コスタとバティの写真

バール『マリーザ』に飾られているルイ・コスタとバティの写真

フィレンツェの人々は今、黄金世代の再来を待ち望んでいる。
4部リーグというどん底からわずか7年で掴んだ希望。
紫のユニフォームは、欧州の舞台でさらなる“驚き”をもたらせるか。

 フィレンツェはギベルティ広場の一角に、フィオレンティーナの選手がよく訪れる、小さなリストランテがある。

 リストランテ・セモリナ。

 セリエA第23節、フィオレンティーナ対ローマ戦の翌日、薄暗いカウンターに、モレノ・トリチェッリの姿があった。

 元イタリア代表サイドバック。名将ジョバンニ・トラパットーニ監督に見いだされユベントスで活躍し、1998年からは4年間フィオレンティーナでプレーした。

 決して器用な選手ではなかったけれど、闘争心を前面に押し出し、長髪をなびかせて走る姿は印象的で、フィレンツェのサポーターの間でも人気を誇っていた。

「このチームには勝負強さが足りねえ」とモレノはつぶやいた。

「昨日の試合? もちろん見たさ。確かに今のフィオレンティーナには上手い選手が多い。でもな、サッカーってのはな、どんなにいい試合をしても、結局はボールを枠に入れなきゃならねえんだよ、枠に。このチームには何かこう、そんな勝負強さが足りねえ」

 前夜のアルテミオ・フランキには、ファンのもどかしい声が響いていた。フィオレンティーナは試合を支配するもチャンスを外し続け、あろうことかローマはたった一度のチャンスをものにする。チェーザレ・プランデッリ監督は「これもサッカー」と肩を落とし、静かにミックスゾーンを後にした。

 ここ4試合で勝ち点はわずか1。順位は今シーズンで最低の11位となった。

 トリチェッリの頭上のテレビ画面には、トスカーナ地域リーグの試合が流れている。彼は煙草をふかし、ワイングラスのキャンティをぐいっと流し込んだ。

「10年くらい前、昔はもっとこう、力強さがあったんだけどなぁ」

 そのつぶやきに店の支配人も応じる。

「モレノがいた頃のチームはすごかった。本当に夢を見させてくれたもんだ」

 カウンターの上には、9番のバティストゥータのユニフォームが大事そうに飾られていた。

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 10年前の黄金時代を知る地元ファンは厳しくチームを見守る。

1 2 3 4 NEXT
1/4ページ

ページトップ