Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ウオッカvs.ダイワスカーレット 1分57秒2+13分の伝説。 ~秋競馬・名勝負列伝~ 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2009/10/08 11:30

ウオッカvs.ダイワスカーレット 1分57秒2+13分の伝説。 ~秋競馬・名勝負列伝~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi
 2008年11月2日、府中の大舞台で最強牝馬2頭が鬼気迫る激闘を演じた。直線、1頭が渾身の末脚を繰り出せば、もう1頭は驚異の粘りを披露する。走破時計はレコード、ハナ差の勝敗が決したのは13分の長い写真判定の後だった。
この歴史的名勝負に隠されたドラマを、両陣営の騎手、調教師、厩務員、計6人の証言をもとに、細密に描く。

 午前4時、東京競馬場の出張馬房脇の部屋で眠っていたダイワスカーレットの担当厩務員、斉藤正敏は、ゴソゴソという物音で目を覚ました。土間のほうを見ると、スカーレットを管理する調教師、松田国英が上がり框(かまち)に腰を下ろしている。

「寝ていられなくてね」

 予定より1時間も早く来た松田は、そう言って苦笑した。

 2008年11月2日、第138回天皇賞・秋当日。競馬史に残る名勝負が決着する12時間ほど前のことだった。

松田調教師はウォッカ陣営に陽動戦術を仕掛けた。

――相手はウオッカただ一頭。

 松田はそう思っていた。

 ウオッカとダイワスカーレット。激闘を繰り返してきた両馬の直接対決は、スカーレットが3勝1敗とリードしていた。が、馬券上の人気も、年間合同フリーハンデなどの評価も、ダービーを勝ったウオッカがつねにスカーレットを上回っていた。

 それでも松田は、「スカーレットのほうが強い」と公言してきた。

「ウオッカのほうが強いと思うと、その後ろでも満足してしまうものです。ですから、うちのスタッフには、『ウオッカはスカーレットの2馬身ぐらい後ろにいる』といつも言っていました。マスコミにもそうコメントして、ウオッカ陣営にプレッシャーをかけたんです。馬ではなく、人を壊そう、と」

前がかりのスカーレットに斉藤厩務員は不安を覚えた。

 春の大阪杯を勝ったあと、左前脚の管骨瘤のため放牧に出ていたスカーレットは、9月5日、栗東・松田国英厩舎に帰厩した。当時の馬体重は、ベストより約50kgも重い550kgほど。帰厩当初、松田は11月16日のエリザベス女王杯で復帰させるプランを描いていた。

 ところが、調教を始めると、馬が自分で体をつくり、どんどん状態がよくなっていく。そこで松田はオーナーに相談し、女王杯よりも2週間早い天皇賞に目標を切り換えた。

「目標を変えたからには結果を出さなければならない、というプレッシャーはありましたが、自信もありました。休み明け初戦という仕上げではなく、連戦しているときと同じ状態に持っていくことができました」

 しかし、発走時刻が1時間半ほどあとに迫った午後2時頃、スカーレットを出張厩舎から装鞍所に連れて行った斉藤は不安を感じていた。

「体は申し分なく仕上がっていました。でも、気持ちが前向きになりすぎて、汗を大量にかいていた。あんなことは初めてでした。『きょうは大変やな』と思いましたね」

【次ページ】 万全のウオッカは「男馬以上に堂々としていましたね」。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
松田国英
ダイワスカーレット
角居勝彦
ウオッカ
安藤勝己
武豊

ページトップ