Sports Graphic NumberBACK NUMBER

スーパーボウル 逆転劇の舞台裏。 

text by

渡辺史敏

渡辺史敏Fumitoshi Watanabe

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2009/02/26 00:00

スーパーボウル 逆転劇の舞台裏。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

王者が挑戦者を一蹴するという予想通りの展開が崩れたのは、ラスト3分だった。試合終了直前に起きた2つの逆転劇を、選手、首脳陣の証言を交えて振り返る。

 第4Qが始まったとき、これから起こる展開、特に最後の3分間での波乱を予想できた人はいなかったに違いない。

 2月1日、フロリダ州タンパで開催されたNFLの優勝決定戦、第43回スーパーボウルは、第3Qまで一方的な展開となっていた。

 立ち上がりから試合の主導権を握っていたのはAFC王者のスティーラーズ。史上最年少の36歳でチームをスーパーボウルに導いたヘッドコーチ、マイク・トムリンが仕立てたゲームプランが当たり、NFC王者カーディナルスに対し、第3Q終了時点で20対7とリードを奪っていた。誰もがもう試合は決まったと感じていただろう。

 ここまで点差が開いた要因のひとつは、攻撃時のタイムコントロールのうまさだ。第2Q終了間際に、LBジェームス・ハリソンが史上最長の100ヤードインターセプトTDを奪ったプレーを除けば、スティーラーズの得点はいずれも5分以上の長い時間をかけたものだった。

 時間をかけて攻撃すれば、相手守備陣の体力と集中力を奪うだけでなく、相手の攻撃の機会も奪える。第3Qにはカーディナルス守備陣が3度反則を犯したこともあり、実に8分39秒も費やしてFGの3点につなげていた。

 対するカーディナルスは自慢の攻撃陣が封じこまれていた。特にエースWRであるラリー・フィッツジェラルド・ジュニアは、第3Qまでたった1回しかパスをレシーブさせてもらえなかったのである。

 この試合、最も注目を集めていたのはフィッツジェラルドだった。'04年ドラフト1巡3位指名を受けて入団したフィッツジェラルドは、新人時代にエースWRへと成長。特に今回のプレーオフでは、スーパーボウル前に早くもポストシーズン記録を塗り替える計419ヤードのレシーブを達成すると同時に5TDをあげるなど、弱小といわれたカーディナルス躍進の原動力となっていた。その活躍に、「彼は現在最高のWRか?」という議論が巻き起こったほどだ。

 さらに、父シニアがミネソタ州の地元紙で長年コラムを持つスポーツライターであることも注目の原因となっていた。シニアは29回目のスーパーボウル取材で息子を取材する立場となったのだ。ふたりはこの機会を「特別なこと」と語っていたが、特にジュニアに固執することもなく、両チームを淡々と取材するシニアの姿勢は印象的だった。

1 2 NEXT
1/2ページ

ページトップ