Sports Graphic NumberBACK NUMBER

金井晶聡(ボクシング) 

text by

浅沢英

浅沢英Ei Asazawa

PROFILE

posted2004/11/04 00:00

SPECIAL FEATURES

[ATTHEFRONT]金井晶聡(ボクシング)

浅沢 英=文

text by Ei Asazawa

 14戦14勝14KO。目下のところ、この数字は“デビュー以来の”連続KO日本記録である。ちなみに連続KOの日本記録は、― '85年に後の世界王者、浜田剛史が打ち立てた「15」。その偉大な記録まであと「1」と迫ったのだが、簡単に数字を積み上げてしまうことに、金井はためらいを隠さない。

 「弱いヤツを連れてきて倒したんでは意味がない。それなら誰でもできるでしょ」

 正論である。

 裏を返せば、ここまでの「14」は、作られた数字ではないという自負がある。

 金井は― '02年の全日本新人王トーナメントのフェザー級覇者である。春先の1回戦から年末の決勝まで、ほぼ1カ月に1試合のペースで進む過密スケジュールの大会を勝ち残った選手なのである。その後も金井は、元日本ランカーや現タイ国王者といった強豪と望んでグローブを交えた。そして、その全てをKOで決着させてきた。

 得意パンチは右クロス。相手の左あごの稜線を一瞬にして右拳で射抜く。ただし本人は「パンチ力はあまり無い」と明言する。それでも倒し続けてきた秘密は、正確無比なピンポイント・ブローにある。

 「自分でもわからない間に体が反応して、パンチを出してるんです」

 パワーよりもタイミングに、天賦の才能を授かったのだろう。強打ゆえに拳を傷めた浜田とは、また趣の異なるパンチャーである。

 そんな金井の差し当たっての願いは「次で日本タイトルに挑戦すること」。その舞台で日本王者を倒して浜田の「15」に並ぶなら、悪いお膳立てではない。次が無理なら何とか「16」で。それは偉大な世界王者に並ぼうとする者の、せめてもの矜持なのだろう。もっとも金井の興味は、数字を伸ばすことよりもタイトルそのものにあるようなのだが。

〔プロフィール〕

かないあきのり 1983年7月31日、兵庫県姫路市生まれ。中学校3年生の冬に、兄の影響を受けボクシングを始めた。プロデビューは'01年6月24 日。10月3日に1R2分52秒KO勝ちを果たし、デビュー以来の連続KOテープを14に伸ばした。この試合は地元紙・神戸新聞の1面を飾り、「最近、駅前で人にジロジロ見られることもある」と語る

ページトップ