Sports Graphic NumberBACK NUMBER

オランダ人が見たニッポンの穴。~岡田ジャパン、欧州遠征検証~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTsutomu Takasu/Yuichi Masuda

posted2009/09/23 08:00

オランダ人が見たニッポンの穴。~岡田ジャパン、欧州遠征検証~<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu/Yuichi Masuda

無残な敗戦と劇的な逆転勝利。現体制初となる欧州遠征は対照的な結果に終わったが、オランダの人々は日本代表の実像をシビアかつ的確に捉えていた。
W杯ベスト4を目指す極東のチームは、彼らの目にどう映ったのか。

 オランダ対日本戦のハーフタイム、『フットボール・インターナショナル』誌のタコ・ファンデンフェルデ記者は、日本を絶賛した。

「テクニックと運動量があり、戦術の完成度も高い。日本がここまでやるとは思わなかった。前半は完全にオランダより上だ」

 さすが分析に定評のある人気記者、流れるように日本の良さを挙げていった。

「14番(中村憲剛)と11番(玉田圭司)のフォアチェッキングは見事だった。オランダのDFは攻撃を組み立てることが全くできなかったからね。中盤では7番(遠藤保仁)と17番(長谷部誠)の2人でオランダのMF3人を押さえ込んでいた。これはすごいことだ」

 日本を絶賛したのは彼だけではない。TV中継のゲストとして訪れた元オランダ代表DFのヤープ・スタムも日本を褒めちぎった。

「ボールをよくコントロールし、ワンタッチプレーを多く使うのがいい。特に気に入ったのは、ボールのないところでムーブメントを起こしていることだ。個人では、17番(長谷部)が目を引いた。常にファイトして、献身的でプレーに熱がある。前半カイトを完璧に押さえ込んだストッパー(闘莉王)も、自信に満ちていて良かった」

 オランダで最も有名なアナウンサー、ジャック・ファンヘルダーは「日本の10番からはインテリジェンスを感じる」と、中村俊輔の戦術眼に感心していた。

前半同様のプレーを90分間続けるか、前半に得点して逃げ切るか?

 しかし――。

 周知のとおり、後半、日本は急失速する。もはや前半のようなプレスをかけられず、DFラインのまわりにスペースが生まれ、69分にファンペルシ、73分にスナイデル、87分にフンテラールと立て続けにゴールを叩き込まれた。0-3。岡田監督が就任して以来、最も力の差を見せつけられた試合となった。

写真

 試合後、オランダの選手たちは、前半の苦戦など忘れたかのように笑顔でミックスゾーンに現れた。

 オランダ代表のキャプテン、DFファンブロンクホルストは言った。

「前半は日本のプレスに対応するのが難しかったけど、後半、日本はガス欠を起こしたかのようにペースダウンしてしまった。中村俊輔や本田圭佑もいるし、いいチームだと思う。でも、前半のプレーを90分間通してやれるのかが今後の課題だと思う。あとは得点力。ゴールから16mの距離まではいい感じでパスをまわしていたけど、ペナルティボックスの中に入られても怖さは感じなかった」

 後半から出場し、パスの起点になったMFデゼーウは日本の戦いぶりをこう振り返る。

「もし前半に得点を決めていれば、日本はスピードを生かしてカウンター戦術に切り替えられただろう。でも、チャンスを決めないと、こういう展開になる。前半、ベンチからオランダのやり方を見て、後半もほぼ同じやり方をすれば、うまくいくと思っていた」

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 ガス欠のニッポンにオレンジ軍団が牙を剥く。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
フース・ヒディンク
中村俊輔
岡田武史
長谷部誠
遠藤保仁
田中マルクス闘莉王
玉田圭司
中村憲剛

ページトップ