Sports Graphic NumberBACK NUMBER

メダリストのつくりかた。 内村航平/松平健太/太田雄貴の場合。 ~特集『天才男子のつくりかた』~ 

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono/Takao Fujita

posted2009/12/21 10:30

メダリストのつくりかた。 内村航平/松平健太/太田雄貴の場合。 ~特集『天才男子のつくりかた』~<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono/Takao Fujita

体操の内村、フェンシングの太田、卓球の松平。最近、世界の舞台で焦ることなく自分の力を出せる若き選手が多い。育てかたに秘密があるのだろうか。両親たちを訪ねた。

 色紙のサインをめぐる2人のやりとりが、じつに微笑ましい。

写真北京五輪・個人総合で銀メダルを獲得した内村航平(20)。'09年は世界選手権で個人総合優勝、全日本選手権では2種目を制す。野菜嫌いと報道されているが「実家にいた頃は何でも食べていましたよ。ただ食は細かったので、家を出る時はそれだけが心配でした」と母

「やだあ、なんで周子の名前のほうを大きく書くの。こんなの絶対ヘンだよー。内村家はかかあ天下だって思われるじゃない」

 あかるく朗らかな母親と、「よかよか」と大らかな印象の父親。両親の仲が良いことも、子育てにはきっとプラスに働いたのだろう。

 日本体操界のエース、内村航平を育てた両親は、ともに元体操の選手だ。雇われコーチの職を辞し、諌早市の郊外に自前の体操クラブを作ったのは和久が31歳のころだった。

「漠然とですが、いつか指導者として強い選手を育てたいと思っていたんです。ただ私も日体大ではレギュラーになれませんでしたから、オリンピックなんて夢のまた夢。とにかく美しい体操を教えたいの一心でした」

地面にコンテナを並べて作った体育館兼自宅で練習に励む日々。

 借金をして借りた土地に、コンテナを2列ならべて体育館を作った。床にはコンクリートを敷き、屋根はシートでおおっただけ。別にアパートを借りる余裕はなく、一家はコンテナの片隅で寝泊まりしていたという。

「冬は寒いし、ネズミは出るし。水道管の近くにキノコが生えてきたりして。夜は練習用のマットを片付けて、そこに布団を敷いて寝てました。航平は食事が終わると、当たり前のように鉄棒にぶら下がってましたよ」

 ごく自然に3歳で航平は体操を始めた。最初は小さなトランポリンから。決して無理強いはせず、いつも楽しく遊ばせた。そんな遊びの延長線上に、周子が力を入れる右脳トレーニングのプログラムもあった。

「たとえば絵本をパッと開いて、そこになにが描かれていたか子どもに説明させるんです。訓練を続ければ、子どもはページを丸ごと一瞬で覚えます。他にもジグソーパズルをさせたり、絵本の読み聞かせをしたり。過剰なくらい気持ちを込めて読んでました」

期待以上の成長を遂げた息子に母は感謝の念を抱く。

 親の熱意を子どもは敏感に感じ取るのだろう。その効果が思わぬかたちで現れたのは、徐々に筋肉がつき始めた10歳を越えてからのことである。小学1年生で初めて出場した大会が最下位。両親は「体操を続けさせていいものか真剣に悩んだ」というが、あることをきっかけにグンと実力が伸びたのだ。

「航平が体操のビデオを繰り返し見ながら、紙に連続写真のようなコマ割りの絵を描きだしたんです。それがとても上手くて、一瞬、一瞬を正確に切り取ったようでした。技を覚えるのに効果的なやり方なんですけど、そういう才能はあったと思います」

 かつて世界を驚かせたムーンサルトも、いまでは中学生が難なくこなす加点の低い技でしかない。ある程度の基礎までは教えられても、高度な技の習得は選手自らの創造力にゆだねるしかないのが体操競技だ。

 親の期待をはるかに超えて、オリンピックの舞台で航平が銀メダルを手に父親似の顔をほころばせたとき、周子の胸に迫ってきたのは感謝の気持ちであったという。

「見えなかった世界を見せてくれてありがとうって。自分たちには縁のない世界だと思っていたのが、いまではオリンピックが身近に感じられる。指導に自信が持てました」

<次ページへ続く>

► 【次ページ】 「20年に1人の逸材」松平健太は卓球で遊び、才能を育んだ。

1 2 NEXT
1/2ページ
関連キーワード
松平健太
内村航平
太田雄貴
オリンピック
フェンシング
体操
卓球

ページトップ