SCORE CARDBACK NUMBER

低迷レッズのフリールが目指す“ポジション”。 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2005/07/07 00:00

低迷レッズのフリールが目指す“ポジション”。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

 試合前の練習まで20分以上もあるというのに、ライアン・フリールは真っ先にフィールドに飛び出していった。どうやら、それは今日に限った事ではないようだ。いや、フィールドに出ていくだけでなく、球場入りも一番乗りらしい。

 「地元でナイトゲームがある時は、午後1時に入っているね。何しろオレには他の連中よりやる事がいっぱいあるから」

 と、言いながらニヤッと笑った。なかなか精悍な顔つきの29歳である。

 地区最下位の不振に喘ぐレッズのユーティリティー・プレーヤー。昨季は'92年のトニー・フィリップス以来となる5つのポジションでそれぞれ10試合以上に出場。今季も既に、最も出場機会の多い二塁を始め、遊撃、三塁、左翼、中堅、右翼の6つのポジションを守っている。しかも、6月20日現在、合わせて 54試合に出場して打率.287、2HR、9打点を記録、リーグ2位の21盗塁もマークしている。フリールは単なるユーティリティー・プレーヤーではなく、「スーパー・サブ」と言った方がふさわしいのかもしれない。

 「遠征に持っていくグラブは6、7個かな。とにかく、スタメンがクラブハウスに貼り出されるまで、出番があるかさえわからないのだから、あらゆる場合を想定して準備をしなければいけない。そのためには早く球場入りする必要がある」

 元来は二塁手の彼にユーティリティーの役割が回ってきたのは、ブルージェイズにドラフト10位で指名され、マイナー生活を始めて間もない頃だ。遊撃手が負傷し、代役を任されたのがきっかけだった。以来、その器用さとガッツ溢れるプレーで約9年に及ぶマイナー生活をサバイバルし、2年前、移籍したレッズでメジャー選手の地位を確保したのだ。

 「どのチームもユーティリティー・プレーヤーはいるけれど、過小評価されていると思う。主力が欠場しても、ほとんど戦力を落とさずに戦うために、オレたちみたいな選手が重要なんだ。だから、そういう選手でもレギュラーポジションを掴めるということをこの手で証明したい」

 憧れの選手はアストロズのクレイグ・ビジオ。初めての対戦の時にはサインをもらいにいったというほど。この調子なら、そう遠くないうちにビジオのような存在感のある選手になれるに違いない。

ページトップ