SCORE CARDBACK NUMBER

ストライキの決断は「10年後の野球のため」 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph by

posted2004/10/07 00:00

 近鉄が優勝した'01年、礒部公一はT・ローズ、中村紀洋とクリーンアップを組み、驚異の5番打者として3割2分、95打点の成績で“いてまえ打線”を支えていた。その後、故障で低迷したが、今季見事に復活した。選手会長としても、近鉄・オリックスの合併が発表された6月13日以降は、野球以外の慣れない仕事との両立が続いている。三枝夫人によれば「家でも難しい書類や本をよく読んでいる」状態だが、本人は「去年までとは気持ちの持ち方が違う」と言う。打率は球界再編の動きが出始めた頃2割9分台だったのをストライキの前後には3割台に乗せた。優勝した年も、得点圏打率が4割1分7厘とチャンスに強かったが、今ではランナーのいない逆境の局面でも粘り強い打撃をするようになった。好調の理由は「僕だけじゃなく、古田さんや井端も選手会の仕事をやっているから成績が落ちたとだけは言わせないように頑張っている」というもの。「当事者球団として、近鉄以外の球団に迷惑をかけているのは確か。他の球団の選手会の連中には頭が下がる」とも言っていた。

 合併が発表された直後は、自分が何をしたらいいのか分らなくて途方にくれていた。西武戦の後、立川の居酒屋で選手みんなで酒を飲んでいた時、ライブドアが球団を買収する意志があるというニュースを知った。その時「また近鉄の仲間たちと一緒にやれるかもしれない」という思いが胸にこみ上げてくるのを感じて、何かが変わった。ライブドアの堀江貴文社長が大阪ドームにやってきた頃には、「やれる事をやる」から「今しかやれない事をやる」という使命感が芽生えてきた。そんな礒部に、近鉄の裏方さんたちも、「オリックスと合併したら、自分たちは残れるか分らない。そんなことにならないように彼は体を張ってくれている」と感謝している。

 9月17日、選手会はプロ野球70年の歴史で初めてのストライキを決断した。そのプレッシャーは礒部にもかかっている。実際“25人のプロテクト”から外す可能性を経営者側から示唆されたこともあった。それでも「この戦いは、自分の待遇の問題ではない。10年後の野球のためのものなんだ」と意に介さなかった。家では、3人の娘の父親でもある礒部、その寝顔を見ると「今頑張らねば……」と気持ちが引き締まるのだと言う。

ページトップ