SCORE CARDBACK NUMBER

アテネ金メダリスト鈴木桂治が完全復活。 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2007/05/17 00:00

アテネ金メダリスト鈴木桂治が完全復活。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 柔道日本一を決める全日本選手権が4月29日に日本武道館で行われ、鈴木桂治(平成管財)が2年ぶり3度目の優勝を飾った。昨年に続き、決勝で石井慧(国士舘大)と対戦した鈴木は足技を警戒する石井の意表をついて寝技で勝負。抑え込みに腕ひしぎまで繰り出し、ポイントこそ奪えなかったものの、3―0の判定で快勝した。派手なパフォーマンスは一切ない、淡々とした表情が、逆に勝利の重さを物語っていた。

 鈴木にとっては長い長い1年間だったに違いない。3連覇を目指した昨年は、終始優位に試合を進めながら、残り6秒で有効を奪われて負けた。試合直後のインタビューで「勝負しているものとしてやってはいけないことをやってしまった」と嘆いた通り、敗因は集中力の欠如、つまり油断以外の何ものでもなかった。続いて出た「これ以上強くなれるかどうか分からない……」という言葉はもっと衝撃的だった。アテネ五輪で金メダルを獲得し、ただでさえ達成感に浸っている時に、自他共に認める生涯のライバル、井上康生(綜合警備保障)が長期離脱。あらゆる目標を失い、昨秋には「本気で辞めようと思ったこともあった」という。

 だが、辞めなかった。畳から離れ、あらためて見つめた他の選手たちの戦いっぷりがもどかしかった。9月に行われた国別対抗のワールドカップで日本はまさかの初戦敗退。「これなら俺の方が上」の気持ちは、井上の復帰によって更に強くなった。「もう一回頑張ってみよう」の気持ちが「まだやれる」に変わるまでそう時間はかからなかった。復帰戦となった今年2月のドイツ国際では3位に終わったものの、4月8日の全日本選抜体重別で優勝。今回の勝利で、完全復活はついに現実のものとなった。

 一度目標を失った選手が再び頂点に立つのは容易なことではない。それをやってのけた今回の優勝は、アテネの金メダルと同じくらい価値があると言っても過言ではない。鈴木自身も「今では去年1年間はムダじゃなかった、と思える」と言い切った。その姿に「これ以上強くなれるのか」と悩んでいた頃の面影はどこにもない。柔道日本一は、当然世界一でなくてはならない。再び宿命を背負った鈴木が、9月の世界選手権(リオデジャネイロ)に挑む。

ページトップ