SCORE CARDBACK NUMBER

小笠原が巨人1年目で経験した
苦労と成長。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2008/01/17 00:00

 '06年日本ハム、'07年巨人と2年続けてMVPに輝いた巨人・小笠原道大。両リーグでの受賞は、江夏豊('79年広島、'81年日ハム)に続いてプロ野球史上2人目である。11月20日の表彰式、小笠原の靴を見ると左右のかかとの減りが違っていることに気が付いた。持病ともいえる左ヒザ半月板の痛みから、自然と左足をかばっていたのだろう。'07年は、怪我、そしてプレッシャーとの戦いでもあった。

 前年に日本ハムを日本一に導いた立役者は、札幌を離れることにかなり悩んでいた。千葉県に家族を残しているという事情を口に出さなかったため、「あいつもカネで動いたか」と後ろ指をさされることもあった。「いろいろ言われるのは覚悟の上。結果を出すしかない」と言い続けた小笠原は、左ヒザをかばいながらチーム最多となる142試合に出場。3割1分3厘、31本塁打という好成績で終え、「いろいろな経験をして目に見えない部分で成長した一年だった」と、シーズンを振り返った。

 「ガッツ(小笠原の愛称)は家にいるのと球場にいるのとどっちが長いのだろうか」とコーチ会議で話題になるほど、体のケアには時間をかけた。試合開始2時間前には球場入り。打撃投手、玉峰伸典が投げる球を丹念に打ち、試合後は川島希余茂チーフトレーナーの入念なマッサージを受けた。食事に行くときなどによく裏方に声をかけるのは、嫌な顔をせずに付き合ってくれた彼らへの感謝の気持ちの表れだ。

 「高い年俸をもらっているのだから当たり前」と小笠原は言う。しかし、それができるかどうかがチームリーダーとしての存在感につながるのがこの世界だ。外様ゆえの苦労もあっただろうが、そこで見付けた解決法は、「行動で示すしかない」ということだけだった。

 ただ、巨人1年目のシーズンに満足感はない。「オフを今ひとつ楽しめないのは、日本シリーズに出ていないから」と言う。今年狙ってほしいのは、3年連続のMVPだ。その気持ちでチームを引っ張ることができれば、おのずと巨人の日本一奪回は見えてくるだろう。ちなみに、過去3年連続MVPを獲得した選手は、イチロー('94〜'96)と山田久志('76〜'78)しかいない。

■関連コラム► 日ハムを去る小笠原、日本一の立役者がなぜ? (06/11/23)
► 日本代表の名脇役、小笠原の陰の努力。 (06/04/06)

関連キーワード
小笠原道大
読売ジャイアンツ

ページトップ