SCORE CARDBACK NUMBER

F1、脱欧入亜――。舞台は上海から鈴鹿へ。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byFujio Hara

posted2004/09/22 00:00

F1、脱欧入亜――。舞台は上海から鈴鹿へ。<Number Web> photograph by Fujio Hara

 東へ、上海へ、そして鈴鹿へ――。クラシックコース、モンツァでイタリアGPを終えた“F1サーカス”は、いよいよ初めて中国をめざす。モータースポーツ界だけでなく、国際社会からも注目されているF1チャイナグランプリである。最近では1986年に旧東欧圏のハンガリーで初めてF1が行われ、以来18年続き、今年はアメリカGPでハンガリー人ドライバーの初入賞が達成されている。

 チャンピオンシップはすでにM・シューマッハー、フェラーリが制覇。中国、日本、ブラジルGPと残るは3戦のみ。だがとても興味深い'04年終盤戦となった。中国には、まったく新たに上海F1サーキットが建設された。工事の遅れなどが言われていたが、最新設備を採り入れたコースは1周5・451km。すでに何人かのドライバー、チームが訪れており、中でもフェラーリはデモ走行を行っている。

 当然、各チームはこの初コースに対してコンピューター・シミュレーションを行い、イニシャル・セッティングを考えて乗り込む。あるデータによると推定ラップタイムは1分34秒台。最高速は320km/h台だとか。超高速タイプではないものの“中高速タイプ”と思われる。コースレイアウト上いくつかトリッキーな連続コーナーがあって、僕自身も取材解説ポイントとして、どこを重点的に見ようか、楽しみにしている。

 今季第3戦のバーレーンGP、初開催コースで強さを示したのはフェラーリとM・シューマッハーだった。やはり彼らは未知のサーキットに強く、それは確かな『予測技術』があるから。その真紅最強軍団を、ライバルたちがどう追い詰めることができるのか。世界の自動車メーカーは、こぞってマーケットとしての中国を最重要視している。F1メーカー・チームはまさに、その“先兵”なのである。

 上海から鈴鹿への移動はもちろん初めてとなる。日本GPは数えて第18回。今年ほど我らが日本勢、佐藤琢磨とホンダ、そしてトヨタに期待が集中している年もない。詳しくは本誌次号にてプレビューするが、アジアのF1に世界中から視線が集まるだけに、いまの日本の力を存分に日本GPで見せていただきたい――。

ページトップ