SCORE CARDBACK NUMBER

カリスマ・ボクサーが復帰した理由。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2004/11/04 00:00

 タイソン、デラホーヤ、ロイ・ジョーンズ……スーパースターが次々と惨敗を喫していく中、魅力的なアイドルが帰ってきた。中量級の3階級を制覇したフェリックス・トリニダード。10月2日ニューヨークでリカルド・マヨルガと派手な倒し合いを演じ8回TKO勝ち。長期ブランク明けの試合でこんな危険な相手を選ぶかとあきれたが、トリニダードはパワーにモノを言わせて“ニカラグアの怪人”をねじ伏せた。ほぼ会心の勝利を飾ったというのも凄い。

 デラホーヤに初黒星をつけたプエルトリコの天才は、'02年に引退後は再戦を望むライバルの再三の説得にも応じなかったが、それがなぜ今カムバックしたのか。ボクサーが再起するのはほとんどが「経済的理由」によるが、トリニダードの場合は異なる。「行く先々で“いつカムバックするんだ”と聞かれるのに飽き飽きして」決断したという。爆発的強打で人気の高いカリスマ・ボクサーの試合は、常に倒すか倒されるかのスリルをはらむ。今度のマヨルガ戦のように倒されても立ち上がり、逆に倒して勝つパターンも多い。アクション映画の乱闘シーンさながらの試合ぶりがファンに歓迎されないはずがなかろう。

 今度の試合、PPV(ペイパービュー)の申し込みが42万件に達し、2300万ドルを売り上げたという。この2週間前に行われたホプキンス―デラホーヤの世界ミドル級王者統一戦が100万件というからその半分以下だが、世界タイトル戦でもなく、2年半も引退していたのにこの数字とは、改めてトリニダード人気の根強さを示したともいえよう。PPVはタイソン戦を除くと'99年のトリニダード―デラホーヤ戦の140万件がレコード。当然両雄の再戦が期待されるところだが、デラホーヤはホプキンスにキャリア初のKO負けを喫したばかり。トリニダード自身は3年前に唯一の黒星を喫したホプキンスへのリベンジ戦を望んでいる。

 さて、あるプロモーターが言うように「今のアメリカのボクシング界はヒスパニック系の客を当てにしなければ成り立たない」という事実がある。最近は大リーグをはじめ、どのジャンルでもヒスパニック系の活躍が目立つ。だからこそ今回のようにプエルトリコとニカラグアのスター同士の試合がニューヨークのMSGをほぼ満員にし、世界戦でもないのに巨額の金が動くことにもなるのである。

ページトップ