SCORE CARDBACK NUMBER

オフェンス型チームが
夏の甲子園を席巻する。 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2009/08/24 06:00

オフェンス型チームが夏の甲子園を席巻する。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

 野球はプロでも高校野球でも投手力がモノをいう世界だと思われがちだ。たとえば今年の春に行なわれたセンバツ大会の決勝は、左右の超高校級投手、菊池雄星(花巻東)と今村猛(清峰)の投げ合いになり、今村の好投によって新進の清峰が春、夏通じて初の全国制覇を長崎にもたらした。

「甲子園戦術」が通用しない夏の高校野球。

 だが、夏の甲子園では様子が異なる。ディフェンス型より、強力打線を前面に押し出したオフェンス型のチームが覇権を握ることがままあるのだ。

 たとえば'04年夏の決勝戦は13対10で駒大苫小牧が済美を破り、'08年の決勝戦は大阪桐蔭が常葉菊川を17対0と大差で退けている。斎藤佑樹(早稲田実→早大)と田中将大(駒大苫小牧→楽天)による凄絶な投げ合いも過去にはあるが('06年)、夏は打線も含めた総合力がモノをいうことが多い。だから、投手力に絶対的な自信を持ったチームが最後まで勝ち抜けないことが珍しくない。

 バントやエンドランなど、相手のスキを突いて得点を狙う作戦が「甲子園戦術」と言われ定着している半面、'00年の智弁和歌山、'01年の日大三、そして'04年の駒大苫小牧、'08年の大阪桐蔭と、甲子園戦術を嘲笑うような攻撃型チームの天下獲りが短い間隔で続いているのも確かだ。

攻撃型チームを投手力で抑えるシーンが見たい。

 今年もそういう年になるのかもしれない。象徴的だったのが初日の第1、2試合。屈指のディフェンス型チームで優勝候補の一角に挙げられていた常総学院、興南が、これも屈指のオフェンス型チーム、九州国際大付、明豊から前半リードを奪いながらも追い上げられ、力負けする形で押し切られた。

 常総学院には名将が率いる伝統校という経験に基づく優位さがあり、興南には超高校級の左腕を有しているという精神的優位さがあった。しかし、それらの優位さは勝ち上がった2校の波状攻撃にあっさり打ち砕かれてしまった。この2校以外でも、帝京、中京大中京、日大三などは圧倒的な強打で地区予選を勝ち抜き、今大会への出場を果たしたチームである。

 だがこうした攻撃型チームを投手力で押さえつけるのも高校野球の魅力の一つで、'06年夏に7試合投げ、防御率1.17を記録した斎藤佑樹はその典型である。果たして今夏は、どんなタイプのチームが覇権を握るのか。興味は尽きない。

■関連コラム►「攻め」の姿勢が勝利を呼ぶ。~九州国際大付、明豊の勝因~ (2009年8月11日)
► 長崎清峰高校 短かった夏。/センバツ優勝の快挙の裏で (2009年8月3日)

関連キーワード
斎藤佑樹
菊池雄星
今村猛
田中将大
駒大苫小牧
明豊
智弁和歌山
花巻東
清峰

ページトップ