SCORE CARDBACK NUMBER

テニスとともに生きた宮城黎子さんを悼む。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2008/08/07 00:00

テニスとともに生きた宮城黎子さんを悼む。<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

 宮城黎子さんがガンのため、86歳で亡くなった。驚いた。2、3年前に倒れ、闘病生活を送っていらしたとはいえ、回復に向かっていたと聞いていた。それに、テニスに対するバイタリティを目のあたりにしていただけに、黎子さんと「死」がどうしても結びつかなかったのだ。1922年に田園調布にある田園テニスクラブ(以前、日本のテニスのメッカといわれた田園コロシアムがあった)そばで生まれ、そのクラブで腕を磨いた。全日本選手権でシングルス10度の優勝、ダブルス、混合も合わせると30回の優勝は、史上最多である。'63年のシングルス優勝は、実に41歳の時だ。弟の淳さんも、'55年全米のダブルスで日本男子として史上2度目の4大大会制覇を成し遂げたテニス一家だった。

 選手として一時代を築いたが、引退後の活躍も華々しかった。女子代表監督として、若い選手を引き連れ、レンタカーを運転し米国中を走り回った。すでに50歳を過ぎていた。テニス専門誌を創刊し、テニスマスコミの先駆けともなった。日本女子テニス連盟(当時=女子庭球連盟)を'67年に発足させ、女性のテニスを支援。昨年、名誉会長として創立40周年を迎えたばかりだった。また、国内の国際大会創設にも奔走し、「グランドスラム基金」と名付けたトーナメントを作る資金集めも行った。

 黎子さんが引っ越した後のご自宅が近所だったため、よくお茶をご一緒した。その行動力とは裏腹に、常に穏やかな人だった。しかし、テニスのことになると「あんなプレーをしていては世界には行けない」などと辛らつだった。特に、攻めのテニスを好み、日本の女子選手が緊張で守りに入ったりすると、言葉は厳しさを増した。4大大会では、大会期間中、朝から晩まで試合を観戦された。こちらが、締め切り間際で記者室にいると「コートに行かないとダメよ」と諭された。

 6月1日に亡くなり、世間に伝わったのが9日。遺言で「10日間は発表しないでほしい」と残されていたという。不謹慎を承知で言えば、自らの死を最も驚いたのは黎子さんご本人だったのかもしれない。無念だったに違いない。一生独身を通され、テニスを終生の伴侶として選ばれた。文字にすれば軽いが、とてもかっこいい人生だった。

関連キーワード
宮城黎子

ページトップ