SCORE CARDBACK NUMBER

クラシック戦線は武豊の独壇場に。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byShigeyuki Nakao

posted2005/04/14 00:00

クラシック戦線は武豊の独壇場に。<Number Web> photograph by Shigeyuki Nakao

 ついに円熟の境地に達したらしい武豊騎手の騎乗。最近は売り出しのころのようなユタカ・マジック(真っ先に浮かぶのは、シャダイカグラの桜花賞だ)が出なくなったとも言われているが、恐らくそれはレースの大筋の展開を彼自身が操り、自然な流れに乗りながら勝つことが多くなってきたからだと思われる。

 第35回高松宮記念は、久々に武豊でなければ組み立てられない、勝利への戦略が鮮やかに体現された競馬になった。ただでさえ外枠は不利といわれる小回りコースの短距離戦で、しかも騎乗馬アドマイヤマックス(牡6歳、栗東・橋田満厩舎)は馬ごみの中で折り合いをつけ、闘志を徐々に盛り上げながら最後の瞬発力で勝負したいタイプの馬。それがよりによって大外の18番枠を引いてしまったのだから、「正直、落胆しました」と嘆きがもれたのもわかる。しかし、彼はサジを投げることだけはしなかった。

「この枠ですから、こうなったらダメという形は何通りも考えられるわけですよ。でも、こうなれば面白いという形も皆無ではない。枠順が決まったあとは、理想の展開だけを何度もシミュレーションしていました」と言う。そして、その理想の展開は、武豊騎手の眼前に現実のものとして広がったのだった。

「当日の午後になって、目に見えて芝のインコースが荒れてきて、18番も悪いことばかりじゃないなと思えてきたんです。そして、先行馬がインを嫌ってジワジワと外に張り出して来てくれたのもよかった。自然に前にカベができる形になって、折り合いに苦労することがありませんでした」。幸運も確かにあるだろうが、武豊にとってはそれが「想定内」だったからこそ運を手繰り寄せることができた。それも間違いのない事実だ。

「今年は、体がいい具合に動いてくれています」とも言う。思わず聞き流してしまいそうだが、2年連続で年間200勝というK点オーバーを果たしている人が、「今年も」ではなく、「今年は」と言っているのだ。量産態勢に入った勝ち星のペースは昨年以上で、その内容も極上。これから始まるクラシック戦線では、無事でさえいれば三冠も確実と思われるディープインパクト(牡3歳、栗東・池江泰郎厩舎)が武豊の手綱を待ってスタンバイしている。

関連キーワード
武豊

ページトップ