SCORE CARDBACK NUMBER

プロ野球の監督にとってキャンプは一番いい時? 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKoji Asakura

posted2005/03/03 00:00

プロ野球の監督にとってキャンプは一番いい時?<Number Web> photograph by Koji Asakura

 12球団のキャンプ巡りをするようになって十数年たつが監督に会うとまず聞く事がある。「今が一番いい時じゃないですかね」という質問だ。

 今年、最初に訪れた日本一西武の伊東勤監督は「やな事がありすぎたけど、ユニフォームを着てしまえばね」と言っていた。厳しい環境に置かれているチームの指揮官らしいというべきか。青島の巨人では堀内恒夫監督が「あれこれ選手にもマスコミにも策を張りめぐらされる時だから」と笑い、宮崎のソフトバンク、王貞治監督も「オーナーの元気にこっちはあおられっぱなしだよ。若返ったよ」と温厚そうな顔をほころばせていた。浦添のヤクルト、若松勉監督もやはり笑いながら「勝負に関係ない時はいいんだよ」。しかし、日南の広島、山本浩二監督は「このまま始まらないといいけれど」と育ってこない若手に時間が足りないことを嘆き、北谷で悲願の日本一を目指す中日、落合博満監督は「一番いい時は日本一になった夜さ」とポツリ。とりつくしまさえなかった。

 八重桜が満開の名護、日ハムのヒルマン監督は「素晴らしい選手に恵まれて、ボクはいつも幸せさ」とウインク。「Are YouHappy?」と質問したせいか。桜島の噴煙の下、自転車で闊歩するロッテ、バレンタイン監督は気難しい顔で「やるべき仕事がたくさんあることが幸せなんだ」。宜野座の阪神、岡田彰布監督には「ケガ人が出て、何がいいもんか」と返された。矢野輝弘の負傷が頭から離れないのだろう。

 再びユニフォームを着ることになった新監督は三者三様。久米島、楽天の田尾安志監督は「選手たちが一日一日良くなっている今がいい時かもしれないね」と前向きなコメント。強気で弱みをみせない虚勢にも思えてしまったのだが、爽やかな笑顔にそれ以上は聞けなかった。43歳の横浜、牛島和彦監督は「あれもこれもと考えると楽しむ余裕はないです」。変幻自在の変化球で打者を打ち取った現役時代とは異なり、選手とも意外に本音で付きあう姿が見え隠れした。最年長69歳のオリックス、仰木彬監督は「戦う姿勢に戻すための充電中」とキッパリ。

 昨年、王監督が言っていた「勝ち負け前は胃薬がいらないから」という言葉を宮古島で思わず思い出してしまった。

ページトップ