SCORE CARDBACK NUMBER

「地力の差」が内容に反映されない理由。 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2005/06/23 00:00

「地力の差」が内容に反映されない理由。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 ドイツW杯・アジア最終予選の大一番で日本に敗れ、試合後、バーレーン代表のジドカ監督は選手層の薄さを恨んだ。「バーレーンのような小国は、日本と違って主力を欠くと、代わりの選手で機能させることはできない」

 バーレーンはスピードあるドリブルなど、時折、脅威となるプレーを見せてはいた。だがそれは、ひと握りの選手のみ。DFラインからのビルドアップやフィニッシュでは粗さが目立ち、全体的なプレーの質は低かった。暑さも、むしろ日本に味方した。プロとしてこなしてきた経験の違いが、技術だけでなく、コンディショニング、ゲーム体力などにも、両国の決定的な差となって表れたのだろう。日本は、勝つべくして勝ったのだ。

 同じようなことは、昨年もあった。選手の量を嘆いたのがジドカ監督なら、質を嘆いたのは、1次予選で日本に敗れたオマーン代表のマチャラ監督だった。「うちには、ナカムラやスズキのような選手がいなかった」。勝ち点で競っている日本をホームで叩き、順位の逆転を狙う。日本戦を前に、オマーンはバーレーンと非常に似た状況に置かれていた。しかし結果は揃って、0対1の敗戦。共通していたのは、引き分け覚悟で自陣に閉じこもっていれば目立たなかった粗を、勝たなければならないホームゲームでは、すっかり晒け出してしまったことである。

 つまり日本の勝利は、主力の欠場、環境や戦術の変化にも左右されない、いわば圧倒的な地力の差によって、もたらされたものだ。裏を返せば、その圧倒的な差を試合内容や得点差に正当に反映させることができていない。つまり、いかに下手に戦ったか、ということでもある。

 バーレーン戦では、チャンスになりかけた場面で慎重になりすぎるのか、横パスやバックパスからボールを失うことが少なくなかった。球際でのプレスの寄せ方が甘く、楽に突破を許すことも多かった。試合終盤、追加得点機を逃し続けたこととあわせ、番狂わせが起きる余地は十分あった。戦っていたのは横綱でも、その内容は横綱相撲とは言いがたい。

 拙い試合運びでも勝ってしまう。その事実が、地力の違いをより際立たせている面もある。しかし、地力に任せて横綱でいられるのは、アジアまで。このままでは、世界は遠のくばかりである。

ページトップ