SCORE CARDBACK NUMBER

インフルエンザ騒動、“早期決着”の内情。 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

posted2007/09/20 00:00

 36年前の大流行のときには、9週間もの競馬開催の休止を余儀なくされたのだという。当時は「馬インフルエンザ」に対する防衛策がまったく取られていなかったため、感染がほぼ発症につながり、しかも発熱や咳などの症状も非常に重かったためだ。肺炎にまで発展して死に至った例もあったと聞く。

 そのときの教訓で、サラブレッドなどの軽種馬は、1歳の春に1回目の予防接種(生ワクチン)が義務づけられ、それ以後、年に2回確実に行なわれている。今回の災難が非常に軽い被害で済んだのは、一にも二にもその過剰とも思われた防衛策が奏功したと言っていい。ものすごい勢いでウィルスが拡散したのは36年前と同じだったが、感染しても発症につながる確率は2割に満たない低い数字に抑えられ、熱が出たとしても微熱程度で済んだのだ。また、一旦罹患した馬は、体内に抗体ができたところで陽性から陰性に転じるわけだが、それにかかるスピードも速い馬なら1日、遅くとも数日で見事に立ち直った。舌を巻くようなワクチンの効果であった。

 最初に罹患馬が発見されたとき、JRAの“表情”は、まさに「顔色を失う」というものだった。36年間発症しなかった伝染病だけに、ワクチンが効かない新種なのではないかという危惧があったからだ。しかし、基本的には当時と同じ「馬II型」のインフルエンザウィルスだった。人はもちろん、他の動物には影響を与えないものと判明したのがなによりも救いだった。

 そう分かってからのJRAの強気の姿勢には感心させられた。結論に開催ありきで、その能書きを組織全体で組み立てていくという、お役所らしくない積極姿勢。折りしも本体の農林水産省がガタガタで、JRAは生え抜きの土川前副理事長が新理事長に就任した直後というタイミングが変わり身を呼んだのかもしれない。9月1、2日の開催前の出走予定馬の検査で陽性がたった1頭という結果を受けて事実上の終息宣言。4日から牧場や育成施設との馬の往来も解禁して、一気に正常化への一歩を踏み出したのだ。

 繁殖牝馬やワクチン接種前の当歳馬に対する影響への懸念はいまなお残っているが、競走の現場は一斉に活力を取り戻している。

ページトップ