Sports Graphic NumberBACK NUMBER

<名将が語るベストゲーム> ベンゲル 「マンU恐怖症を克服した午後」 ~1998.3.14 マンU×アーセナル~ 

text by

スティーブ・スタマース

スティーブ・スタマースSteve Stammers

PROFILE

photograph byUNIPHOTO PRESS

posted2011/05/01 08:00

押しも押されもせぬ、プレミアの名門として知られるアーセナル。
だが今日の名声は、決して最初から保証されていたものではなかった。
智将ベンゲルが語る「クラブの運命そのものを変えた一戦」とは。

 永遠の記憶。

 そう表現しても差し支えないだろう。アーセン・ベンゲルの脳裏には、“あの試合”の記憶が鮮明に焼きついている。

 1996年秋にアーセナルの監督に就任して以来、ベンゲルは、2004年の無敗優勝を含む3度のプレミアリーグ制覇と、4度のFAカップ優勝を果たした。だがフランス出身の監督が挙げたのは、輝かしいタイトルを実際に手中に収めた試合ではなかった。

「私にとってのベストゲーム? 答えは簡単だよ。1998年3月、オールド・トラッフォードでマンチェスター・ユナイテッドを下した試合だ。私自身、そして選手やアーセナルというクラブそのものにとっても、決定的な意味を持つ一戦になったからね」

 '97-'98シーズン、プレミアリーグ第30節。アーセナルはユナイテッドに1-0で勝利を収めている。この試合の重要性をベンゲルは次のように強調する。

「監督に就任してから今日に到るまで、アーセナルにおいて私が手にしてきたすべての成功の礎は、13年前のユナイテッド戦で築かれたと言ってもいい。いわば、あの勝利がアーセナルの運命を変えたんだ」

6シーズンも優勝から遠ざかっていた当時のアーセナル。

 運命の一戦を迎える直前、ユナイテッドは既にリーグ戦30試合を消化して首位を独走していた。2位のアーセナルとは9ポイント差に開いており、ベンゲルがタイトルレースで逆転するのは不可能だとされていた。

 たしかにアーセナルはユナイテッドよりも3試合多く試合を残していたが、全勝して初めて優勝の芽が出てくるといわれるほど劣勢に立たされていた。しかもベンゲルが1シーズン前から指揮を執っていたとは言え、当時のアーセナルは、かれこれ6シーズンも優勝から遠ざかっていたのである。

「むろん、我々は諦めてはいなかった。タイトルはユナイテッドのものだと言われていても、最後までリーグ優勝の可能性はあると信じ続けていたんだ。ただし、その望みをつなぐためにも、アウェーでの直接対決には絶対勝たなければならなかった。勝利が大前提だったんだ」

 しかし状況は芳しくなかった。アーセナルは大きなハンデも背負っていたからである。

<次ページへ続く>

【次ページ】 アーセナル第1期ベンゲル体制を象徴する3人の猛者。

1 2 3 NEXT
1/3ページ

ページトップ