SCORE CARDBACK NUMBER

アジアカップの裏で稲本が感じる手ごたえ。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTomomi Miura

posted2007/07/26 00:00

アジアカップの裏で稲本が感じる手ごたえ。<Number Web> photograph by Tomomi Miura

 日本代表がアジアカップの初戦を戦っている頃、アイントラハト・フランクフルトに移籍した稲本潤一はオーストリア合宿で汗を流していた。合流してまだ1週間も経っていないというのに、流暢な英語でコミュニケーションを取って、すでにFWアマナティディスやDFクリスとちょっかいを出し合う仲になっている。

 「新入生的な立場は慣れているんでね。自分のやり方があるし、問題ないです」

 よく日焼けした精悍な顔つきで稲本は笑った。

 フンケル監督からの信頼も厚く、「戦術眼と規律を持った経験のある選手。前に攻めあがる力を持っている」と評価されている。フンケルはデビュー戦となるオーストリア3部ベッテンスとの練習試合の前日に稲本を呼び出して「どのポジションでプレーしたいか」と尋ねた。稲本は「ダイヤモンド型の中盤の底か、フラットな守備的MFのうちのひとり」と答えたという。合宿の練習でもほぼ毎回主力組に入っており、レギュラー取りは問題なさそうだ。

 稲本自身も手ごたえを得ている。ベッテンス戦に出場したあとに言った。

 「ボチボチですね。慣れてきたら、ボールをはたいて展開できた。今後もサイドのスペースを使っていきたいと思う。ある程度競争はあるけど、今はコンディションを上げるのが大事ですね」

 今季は「得点」も目標のひとつになる。

 「ドリブルで上がったときとか、きちんとカバーしてくれる人がいるので、そのへんはガラタサライのときと違うし、前に行きやすい。得点を狙っていきたい」

 ガラタサライではひとりで守備的MFをやることが多かったので、なかなかオーバーラップする機会はなかった。だが、それを1シーズン通して経験したことで、「行くところは行って、遅らせるところは遅らせられるようになった」と稲本は言う。トルコでレベルアップさせた「守備力」に、もともと得意としていた「攻撃力」が加わるのだから、フランクフルトで大爆発してもおかしくない。

 ヨーロッパの4大リーグにおいて、日本人2人が同じチームでプレーしたことはかつてない。高原直泰と稲本の2人が、日本サッカーの新たな扉を開けてくれることを期待したい。

関連キーワード
稲本潤一

ページトップ