SCORE CARDBACK NUMBER

冬季競技が「危機感」を
強めている理由。
~メダルの魔力に捕らわれるJOC~ 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byShino Seki

posted2009/07/14 06:00

冬季競技が「危機感」を強めている理由。~メダルの魔力に捕らわれるJOC~<Number Web> photograph by Shino Seki

6月に合宿を張ったモーグル勢。上村愛子(前列左から2番目)は念願の金に届くか

 トリノの二の舞はごめんだ。

 来年2月のバンクーバー五輪へ向けて、冬季競技の練習が本格化し、現場から強い思いが伝わってくる。そこには、前回の不振を取り戻したいという意気込み以上のものが感じられる。

 2006年のトリノ五輪では、フィギュアスケートの荒川静香が金メダルを獲得し、閉幕直後こそ盛り上がりを見せたものの、大会全体では唯一のメダル。しばしば「惨敗」と評されることもあった。

 一方、夏の五輪は、'04年のアテネで空前の好成績をおさめ、昨年の北京でも一定以上のメダルを獲得した。夏との対照的な成績に、「埋没するのでは」という恐れがあるのだ。実際、北京後の日本オリンピック委員会(JOC)の会合で、「次のロンドンは」と理事が口を滑らせ、「バンクーバーを忘れているのか」と冬季の関係者が憤慨する一幕もあったと言う。

メダルの有無が強化費の有無を左右する。

 存在感の問題ばかりではない。懸念されるのは、メダルの有無が競技自体の今後に影響することだ。今年5月、バンクーバー五輪で実施される種目全体の選手が一堂に会しての合同合宿が行なわれた。初の試みである。合宿中、幹部から強くハッパをかけられた、と選手は明かす。

「『JOCはメダルがないと認めてくれない。強化費だって出なくなる。メダル至上主義である以上、メダルを獲れる選手しか連れていきたくないし、そのつもりで強化を進める』と強く言われました」

 JOCの強化費の配分は、メダル獲得が指標である。メダルを獲れないとなると、競技団体自ら資金源確保など道を切り開かないかぎり、死活問題ともなりかねない。だからこそ、バンクーバーでのメダル確保に必死なのだ。

「参加することに意義がある」では許されない。

 といっても、選手の誰もがその思いを共有しているわけではない。

「夏と冬では事情も違うし、夏くらいメダルを獲れと言われても、ね?」

 と語る選手もいる。雪や氷で行なわれる点からしても日本は環境的に恵まれているといえないし、気の毒な面はある。メダルのみの評価も違和感はある。例えばトリノのアルペンでの皆川賢太郎の4位などは、メダルに等しい意義がある。

 それでも現実は横たわる。である以上、「バンクーバーではトリノのような結果で済ますわけにはいかない」と切実な思いがあふれているのだ。

関連コラム

関連キーワード

ページトップ