SCORE CARDBACK NUMBER

プロレス記者歴42年の筆者を唸らせた出来事。 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

posted2005/05/26 00:00

 「あっ、やられた! この組み合わせがあったのか……」

 思わず叫んでしまった。ニタリと笑う三沢のしてやったりの横顔が目に浮かぶ。

 4月24日の日本武道館。7・18東京ドーム大会の主要カードの発表があった。

 全日本を退団した川田利明がフリーになった時点で、私には三沢vs.川田の5年ぶりの対決は予測できた。が、“そのカード”だけは私にとって全くの想定の範囲外であった。

 『小橋建太vs.佐々木健介=時間無制限、1本勝負』

 大きく映し出された電光掲示板の文字に、満員の館内には唸るような歓喜のどよめきが起こった。メーンの王者・力皇猛vs.挑戦者・斎藤彰俊のGHCタイトル戦が吹き飛ぶほどの衝撃であった。まったく私の認識が甘かった。ノアの仕掛けには見事に一本取られてしまった。まさに心憎いほどの演出である。

 プロレスの楽しみはマッチメークのシミュレーションから始まっている。今年1月、健介にとっての“頑固親父”天龍源一郎が日本武道館に初参戦し、“鬼嫁”北斗晶を引っ張り出したあたりから、こうした流れを察知していなければいけなかったのかもしれないのだが、なんとも私としたことが迂闊だった……。

 実は、小橋vs.健介のシングル対決を誰よりも早く“予言”していたのは、ほかならぬウチのカミさんであった。

 筆者は脳梗塞に倒れ、半身麻痺で身障者2級。仕事に復帰して11年目になる。カミさんにはいつも現場に同行してもらい、取材補助者として文字通り最強のパートナーの関係である。

 昨年12月、プロレス大賞選考会の時だ。健介の最優秀選手賞受賞が決まった瞬間、カミさんがこうつぶやいた。

 「ねェ、健介選手と小橋選手ってできないの? ふたりとも今が旬じゃない?」

 「いや、健介はまだ無理だね」とその時は歯牙にもかけなかった私だが、それからわずか半年で、いつも隣にいる“日本で一番格闘技を見ているオバサン”の言葉が現実のものとなってしまった。観戦歴42年のプロレス記者の勘は、女の直感にかなわなかった。返す言葉もない。

 いずれにせよ、小橋vs.健介の初対決は好カード。今からカミさんとふたりで最高の試合を期待している。

関連キーワード
小橋建太
佐々木健介
プロレスリング・ノア

ページトップ