SCORE CARDBACK NUMBER

若麒麟と隠岐の海の相撲人生を分けた裁定。 

text by

服部祐兒

服部祐兒Yuji Hattori

PROFILE

photograph byJMPA

posted2009/03/12 00:00

 両極端の裁定が分けた相撲人生を見た。甘い裁定に気を許した力士と、厳しい裁定に発奮した力士。何とも対照的な結末だった。

 朝青龍が奇跡の復活優勝を遂げた初場所の余韻が残る1月30日、相撲界に激震が走った。大麻取締法違反の現行犯で尾車部屋の十両力士、若麒麟が逮捕されたのだ。昨年9月、同様の容疑で解雇処分となった若ノ鵬。9月、協会が行った抜き打ちの薬物検査で陽性反応が出て解雇処分となった露鵬、白露山。研修会も開いて再出発を計っていた中の、まさかの不祥事再発。これまでロシア人に限られていた薬物汚染が、日本人にも広まっていた影響は極めて深刻である。協会は直ちに理事会を開き、若麒麟を解雇し、師匠の尾車親方の2階級降格を決定した。処分の甘さを指摘する声もあったが、後に若麒麟から養老金辞退が伝えられ、実質上の処分は除名と変わらなくなった。

 実は、若麒麟は昨年9月の尿検査で異変が見られていた。協会内部で説明の食い違うところもあるが、3回の検査で最終的に陰性と判断された。警察が押収したノートの中には「パクられたらリスクはでかい」という記述もあり、真相は定かではないが、この時点でのリセットは十分可能なはずだった。自らを戒め律する機会を活かさず快楽に溺れた代償は、あまりにも大きかった。

 一方、初場所東幕下筆頭で7戦全勝優勝を果たした福岡改め隠岐の海は、“正真正銘の”新十両を決めた。というのも、九州場所でも西幕下筆頭で5勝2敗の好成績、新十両は確実と見られていたが、番付運に見放されよもやの見送りとなったのだ。しかし、この試練に発奮して運に左右される余地のない文句なしの昇進をつかみ取った。「上がれなかった悔しさをバネにした」という隠岐の海。積み重ねた白星の一つ一つが、今後の大きな財産になることは言うまでもない。

 隠岐の海は、四股名が示すとおり島根県隠岐島出身。江戸時代から伝統の「隠岐古典相撲」がある相撲どころだが、関取誕生は51年ぶり。隠岐水産高校では相撲部に在籍。航海士を目指してマグロ漁なども経験した異色力士は、甘いマスクの持ち主としても有名。23歳、188cm145kgの恵まれた体は魅力一杯。久しぶりに「華」のある関取が誕生した。

ページトップ