SCORE CARDBACK NUMBER

数々の異名に彩られた山内一弘の生涯。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2009/02/26 00:00

 今年から米国ルーキーリーグのコーチに就任する山下大輔(元横浜監督)。山下のために有志が集まって「アメリカに送る会」を開いた時、参加していた中西太(元西鉄・阪神監督)がこんなことを言っていた。「ワシもよう喋るが、ワシよりも喋りだしたら止まらんのが山さんだ(山内一弘=元ロッテ・中日監督)。最近、顔を見んが元気にしているんか」と随分気にしていたことを、訃報に接してふと思い出した。

 その山内が肝不全で亡くなったのは、キャンプ開始直後の2月2日のことだった。現役時代、'65年にプロ野球史上初の300本塁打を記録。'67年には川上哲治(元巨人)に次ぐ史上2人目の2000本安打を達成。毎日(現ロッテ)・阪神・広島で活躍し「シュート打ちの名人」、あるいは3度のオールスターMVPを獲得した「初代お祭り男」等の異名をとった大打者であった。特に内角球に対してヒジを折りたたんで振り出す独特の打法は、神様・仏様・稲尾様と呼ばれた稲尾和久をして「職人」と言わしめたほどだった。

 しかし山内の名を上げたのは、数々の名打者を育てたバッティング理論だろう。指導を始めたら熱心なあまり止まることがない。「やめられない、とまらない」のCMを引用して「かっぱえびせん」のあだ名がつけられたこともある。

 以前、文京区のご自宅にお邪魔した時、「メシは後回しでいい」と言って、延々3時間、我々素人にも熱心に話をしてくれた。それほど野球を愛した男だった。

 楽天の野村克也監督は、現役時代には山内の内角打ちを参考にして三冠王を取ることができたと言っていたし、阪神の真弓明信監督、巨人の原辰徳監督はコーチとして、中日の落合博満監督は監督として教えられたことが多かったという。12球団中4人の現役監督に直接影響を与えたのは、コーチ冥利に尽きるはずだ。

「若い人に教えることが幸せ」と言って、吉田義男(元阪神監督)が監督を務めたフランスナショナルチームで、手弁当で臨時打撃コーチを務めたこともあった。

 今年の沖縄キャンプの取材中、教え子の一人である中畑清(元巨人)に、ホテルの風呂で偶然出会った。中畑は「あだ名のつく強烈な個性を持った人がいなくなっちゃった時代だね」と言った後、涙を隠すかのように湯船に顔をつけていた。

ページトップ