SCORE CARDBACK NUMBER

「強さ」を身につけ、ジベルノーが本命に浮上。 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph by

posted2004/06/17 00:00

 MotoGPは3戦を終え、S・ジベルノーが2勝を挙げた。開幕戦南アフリカでは3位。第2戦スペインでは雨のレースを制し、第3戦フランスではドライで優勝した。3戦連続で表彰台に立ち、総合でも文句なく首位に立っている。昨年は、3年連続チャンピオンになったV・ロッシと何度も壮絶な戦いを披露して総合2位。圧倒的な強さを見せるチャンピオンを苦しめた唯一の選手となったが、しかし、それが本当の強さなのかどうか、常に?がつく存在だった。

 ジベルノーは、スペイン・バルセロナ出身。モトクロスやトライアル、ロードレースの小排気量で数々の偉業を成し遂げたスペインの名門バイクメーカー、ブルタコ(現在は廃業)の創業者の孫にあたる。バイクレースの盛んなスペインでブルタコ一族の出となれば、オートバイレースのエリートコースを歩んできたも同然だった。10代の頃は、500ccで3年連続チャンピオンになったアメリカのK・ロバーツの下で修行を積み、ヤマハからグランプリデビューを果たした。その後、ホンダとスズキのワークスチームを経験。去年から再び、ホンダのサテライトチームに戻り、押しも押されもせぬトップライダーとして大ブレイクした。

 その足がかりとなったのが、チームメイトで昨年の日本GPで亡くなった加藤大治郎選手の追悼レース、南アフリカGPでの優勝だった。それがジベルノーを大きく変えた。シーズン4勝を挙げただけでなく、高い確率で表彰台に立った。元々、滑る路面では、類い希なスライドコントロールを見せる選手だった。速さは誰もが認めていたが、どこか気分屋的なところがあり、リザルトも不安定だった。そういった面こそ影を潜めたが、それでもどこか、育ちの良さから来るものなのか、「強さ」を感じさせない選手だった。

 それが今年は、早くも2勝を挙げ、フランスでは、「開幕前からトライしてきたバイク作りが間違いではないことを確信した」と語った。エースになるためには、こうした、自分を信じる強さ、迷わない心が必要になってくる。先のコメントは、やっと、それが出来るようになってきたことを窺わせている。すでに速さは証明している。必要なのは、タイトルを獲るという誰にも負けない強い精神力だけのようだ。

ページトップ