SCORE CARDBACK NUMBER

石原都知事の活躍で、東京に五輪がやってくる!? 

text by

藤山健二

藤山健二Kenji Fujiyama

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2005/10/13 00:00

石原都知事の活躍で、東京に五輪がやってくる!?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

 52年の時を経て、東京で再び五輪が開催されるかもしれない。石原慎太郎都知事が8月5日に初めて2016年夏季五輪の誘致について言及した時は半信半疑だったが、9月2日の会見でも同知事は「16年がダメでも20年をめどにやる」と意欲を見せ、同20日の定例議会でついに正式に招致を表明した。「オリンピック開催を起爆剤として、日本を覆う閉塞感を打破したい」という言葉は、いかにも豪腕の同知事らしいが、実際に招致するとなると、越えなければならないハードルがまだ山ほどある。

 2016年の五輪開催地は、4年後の'09年夏に開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で決まる。日本オリンピック委員会(JOC)は'06年末までに国内候補地を一本化する予定にしており、まずは「国内予選」で勝たなくてはならない。現時点で立候補を正式に表明しているのは福岡市だけだが、同市は単独ではなく九州全域での開催を計画している。ただ、IOCは今、経費や警備の問題からより小さな五輪を目指しており、広域開催の福岡案では、各国との招致合戦に勝てない公算が大きい。そう考えると、国内候補地が東京に一本化されるのはほぼ間違いないだろう。

 東京には、前回の'64年大会の時に建築された国立競技場をはじめ、既存の施設がそろっており、さらに交通や宿泊施設も申し分ない。石原知事が「キャパシティーから言っても東京で開催する以外にない」と胸を張るのも当然だ。また、2012年大会に立候補したのはロンドン、パリ、モスクワなどの大都市ばかりだったが、「TOKYO」の名前はそこに引けは取らないだろう。

 しかしその反面、慢性的な交通渋滞やテロ対策など大都市ならではの弱点も多く抱えている。そして何より、都民の支持をどこまで得られるかは未知数だ。

 IOCの総会で票を得るには水面下での地道な下交渉が物を言う。国家プロジェクトとしての盛り上がりも必要だ。'08年大会に大阪市が立候補した時には国民の関心も薄く、政府の支援も及び腰だった。国民の支持をどうやって取り付けるか、そしてもともと下交渉が苦手なJOCがどこまで変われるか。石原知事の手腕への期待は大きいが、まずはしっかりとした戦略を立てることが先決だ。

ページトップ