SCORE CARDBACK NUMBER

戒厳令直前のタイは、キックに燃えていた。 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2006/10/12 00:00

戒厳令直前のタイは、キックに燃えていた。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

 「大変です。タイでクーデターが起こりました」。9月19日夜、携帯電話で事件を知らされた現地在住のテレビカメラマンが叫んだ。

 「クーデター?」。全日本キックのタイ遠征を取材するため、バンコクに滞在していた私は驚きの声をあげるしかなかった。その2日前、一緒にラジャダムナンスタジアムのリングに上がりながら明暗を分けた大輝と山本元気、そしてほんの1時間ほど前までルンピニースタジアムで闘っていた遠藤智史は揃ってキョトンとした表情を浮かべていた。それはそうだろう。日本人にとってクーデターは身近な政変ではない。中でもラジャで大惨敗を喫した挙げ句、相手のヒジ打ちによって額を計16針も縫った山本にとってはそれどころではなかった。そんな山本とは対照的に今回の遠征で唯一勝利を飾った大輝は屈託ない笑顔を浮かべながら、「もっとタイで闘って、ラジャのウェルター級王者になりたい」と力説していた。

 しかし、そのクーデターがラジャの周辺で起こったという話を聞いたら事は穏やかではない。ちょうど第一報を聞いた時、我々は揃ってルンピニー近くのレストランにいたが、テレビではどこのチャンネルも同じ緊急記者会見の模様を放送するのみ。もっともクーデター慣れしているレストランの従業員は「マイペンライ」(問題ない)を連呼するだけで、気にする素振りを見せることはなかった。

 「すぐ非常事態は収まるよ。だってわが国の王様は血が大嫌いなんだから」

 その言葉に嘘はなかった。翌朝、バンコクの街へ繰り出してみると、銀行など一部の公共施設が臨時休業していることを除いたら、街は普通に機能していた。日本で大々的に報道されたように兵士が立っていたり、戦車が配備されたエリアはほんの一部に過ぎない。少々オーバーに言うと、タイの庶民にとってはクーデターよりもムエタイ。山本同様にヒジ打ちを食らって大流血戦を余儀なくされながら、最後まで勝負を諦めなかった遠藤の姿を見つけると、タクシーの運転手は「お前の試合を観たぞ。チャイスー(闘う心)を忘れずに頑張れ」と声をかけてきたという。タイのクーデターは無血のまま終息した。だが流血戦もいとわない日本人キックボクサーそれぞれの『打倒ムエタイ革命』はまだ終わっていない。

ページトップ