SCORE CARDBACK NUMBER

師走に生まれた、2つの名勝負。 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

posted2007/12/28 00:00

 ボクシングでは、注目された好カードが実際期待通りの好試合になることは滅多にない。しかし、12月初めに内外で行われた2つのウェルター級タイトルマッチは違った。日本王者湯場忠志が15連続KOをマークしていた牛若丸あきべぇを倒し合いの末に逆転KOした第1ラウンドと、ラスベガスで“プリティボーイ”フロイド・メイウェザーが絵に描いたような左フックのカウンターでリッキー・ハットンを倒した第10ラウンド、日本と世界の違いはあれど、いずれも「年間最高ラウンド」に推したいほど劇的で見事なKOシーンだった。

 日本ウェルター級タイトルマッチは、初回僅か90秒でケリがついたが、これほど濃密な90秒も珍しい。開始ゴング後10秒とたたずにダウンしたのは湯場だった。サウスポー同士が同時に放った右フックは、挑戦者のブローが一瞬先に湯場のアゴに届いていた。3階級で日本王者になるなど、年季の入った王者に対し、躊躇せずパンチを放ち倒してしまうのだから、あきべぇもただ者ではない。

 埼玉出身の倒し屋は、この日もし湯場を倒すと、浜田剛史が22年前に樹立した連続KOの日本記録を抜いて単独トップに立つところだった。自ら「怖いもの知らず」と言うように、強靭なハートと肉体を武器にプレスをかけて行く戦法は、レベルの違いはあれ、メイウェザーを脅かしたハットンにも相通じるものがある。

 しかし、湯場もすぐ立ち直るや、183cmの長身からスムーズに放たれた左ストレートであきべぇを倒し返すと、最後は爆発的な左ストレートでトドメを刺した。湯場にとっては自己ベストに近い出来。自身が勝因に挙げたように「キャリアの差」が勝負を分けたとみえた。

 あきべぇには、期待とともに実力を疑問視する声もあった。15連続KOの中にイージーな相手が少なくなかったからだ。懐疑派のファンに冷ややかな目で迎えられるのは、連続KOで売り出す強打者の宿命である。だが負けたとはいえ湯場をダウンさせた一瞬によって、かえって強打者としての評価を高めたかもしれない。

 この日のあきべぇのように(44戦目に初黒星を喫したハットンも同様だが)、連続記録を阻止されると、その後低迷するケースが少なくない。今後2人がいかに立ち直るかにも注目したい。

ページトップ