SCORE CARDBACK NUMBER

LAを盛り上げる“ホールウェイ対決”。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

posted2006/12/21 00:00

 「僕らのホームゲームのときほどロマンティックじゃないね」

 12月2日、ステープルズセンターでの“遠征試合”、ロサンゼルス・クリッパーズ戦後の、コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)の感想だ。

 レイカーズとクリッパーズは両チームともステープルズセンターを本拠地とし、専用の豪華ロッカールームを持っている。間を結ぶのはNBA選手の歩幅でわずか20歩の距離の廊下。「ホールウェイ(廊下)対決」と言われる所以だ。

 同じ会場だけに、レイカーズとクリッパーズのホームゲームの違いは、コービーが「ロマンティックじゃない」と言う照明の雰囲気と、コートに入ったチームのロゴ、ユニフォームの色、観客の客層、そしてベンチの位置くらいのもの。クリッパーズのホームゲームのときなどは、スタンドにレイカーズ・カラーの黄色もかなり目立っていた。

 実は『ホールウェイ対決』が盛り上がってきたのはつい最近のこと。これまではライバルと言うには、両チームの実力に差がありすぎた。優勝争いの常連チームのレイカーズと、プレーオフにも出られないクリッパーズ。言ってみれば、レイカーズにとってクリッパーズは「目じゃなかった」のだ。

 「この街はレイカーズのものだった。彼らには50年の歴史があるからね」と、クリッパーズのクリス・ケイマンも認める。

 それが変わってきたのが昨シーズンだ。クリッパーズが2シーズン連続でレイカーズを上回る成績をあげ、プレーオフでもレイカーズが1回戦敗退だったのに対し、クリッパーズは2回戦に進出。レイカーズ敗退後の5月の約2週間の間だけ、ロサンゼルスは“クリッパーズの街”になった。

 今レギュラーシーズンで両チームの対戦は4回。最初の2回はレイカーズが勝利をあげた。「負けたら街に食事にも行けない」と言っていたクリッパーズのエルトン・ブランドは、「他の負け試合よりも悔しい」と雪辱を誓う。残り2試合はシーズン終盤、4月に行われる。

 しかし、ファンや選手が何より楽しみにしているのは、プレーオフでの直接対決だ。ブライアントは言っている。

 「本当のライバルはレギュラーシーズンではなくプレーオフで生まれる」と。

■関連コラム► トレード相次ぐ中、忠誠を貫いた大物。 (08/03/13)
► リーダーの自覚を持つ、ブランドに飛躍の予感。 (05/11/10)

関連キーワード
NBA

ページトップ