野球クロスロードBACK NUMBER

負けてなお、手の内を見せず……。
シーズンを見据えた中日の戦い方。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2011/04/20 11:50

負けてなお、手の内を見せず……。シーズンを見据えた中日の戦い方。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

4月19日、7年ぶりにセ・リーグ単独最下位となった中日。球団史上初のリーグ連覇を目指している知将は何を思う?

 あまりにも淡々としている指揮官の立ち振る舞いが、また中日を不気味にさせる。

 不動のセットアッパーの浅尾拓也が打たれ、昨年最下位の横浜にサヨナラ負け。開幕戦を落とした中日だが、試合後の落合博満監督の表情は、意外にも穏やかだった。

「まあまあじゃない。もっとボロボロな試合になるかと思った。まだ始まったばかりじゃない。みんながしっかり打ってくれているし、まだそんなに重く受け止めていない」

 指揮官の言葉通り、2戦目は打線に火が付き、12安打8得点で接戦をものにした。

 ところが、1勝1敗で迎えた第3戦は1対7と大敗。9年ぶりに開幕カードを負け越した。そのことを記者から告げられても、「あ、そう」と意に介さず、「ゲームの入り方からすればまあまあじゃないか」と、指揮官の余裕の姿勢は一向に崩れない。

 そんな落合中日も、19日のヤクルト戦に敗れたことで2勝4敗1分となり、ついに単独最下位に落ちてしまった。

 それでも、指揮官の「まだ始まったばかり」という思いにぐらつきはないはずだ。

 その理由を挙げるとすれば、開幕戦後に漏らした「ボロボロ」という言葉がキーになる。コメントの流れからみて、これはほぼ間違いなく投手を指している。

ローテーションが崩れても想定内。今は選手をテストする時期。

 チェンが内転筋痛、吉見一起が右ひじ手術のリハビリと、左右のエースが開幕に間に合わなかったため、当初のローテーションが崩れてしまうことはいわば想定内。

「まだ慌てる時期じゃない。どのくらい動けるか見ているだけ」と指揮官が言うように、現有戦力で調子のいい投手をどんどん投入し、結果を残せば引き続き起用し、ダメならばファームに落とす。つまり、選手をテストしているのだ。

 昨年もまさしくそうだった。

 先発はチェンと吉見を軸としながらも、残りの4枚はシーズン終盤まで入れ替えた。序盤は朝倉健太、小笠原孝をローテーションに入れていたが、故障や不調などから結果が出ないと分かるとファームへ落し、中田賢一や山井大介、2年目の岩田慎司などに計算の目処が立つと分かれば一軍昇格後、即登板、という強気の姿勢を見せた。

 中日には独特の投手起用論がある。

【次ページ】 負けるのであれば意味のある負けにしなければならない。

<< BACK 1 2 3 NEXT >>
1/3ページ
関連キーワード
落合博満
中日ドラゴンズ

ページトップ