SCORE CARDBACK NUMBER

百花繚乱、L・リーグ。'05年の見どころは? 

text by

早草紀子

早草紀子Noriko Hayakusa

PROFILE

photograph byNoriko Hayakusa

posted2005/03/31 00:00

百花繚乱、L・リーグ。'05年の見どころは?<Number Web> photograph by Noriko Hayakusa

 アテネ五輪で日本選手団の初陣となるスウェーデン戦で大金星を挙げ、一気に注目を集めたなでしこジャパン。アテネ以後のL・リーグ(日本女子サッカーリーグ)には、なでしこジャパンの面々をひとめ見ようと大勢のファンが競技場に足を運び、総動員数は例年の3倍にまで膨らんだ。

 そんななでしこ達のプレーが咲き誇るL・リーグが4月9日から開幕する。

 今オフには代表でも主力として活躍する川上直子のTASAKIから日テレ・ベレーザへの電撃移籍、さいたまレイナス及び代表の守護神・山郷のぞみのアメリカ・アマチュアリーグ(WPSL)挑戦が次々と発表された。またYKKフラッパーズが東京電力にチームを移管し、東京電力女子サッカー部マリーゼとして再出発。さいたまレイナスはこれまでも親交のあったJリーグの浦和レッズの傘下に入ることが決定し、日テレ・ベレーザがニチレイとスポンサー契約を結ぶなど、この3カ月でそれぞれのチーム環境は大きく変化した。また今季から試合数は14節から21節にまで増加され、多くの人に興味を抱いてもらえるようにと昨年に引き続き、Jリーグの後座試合も実施。準備万端での開幕である。

 注目される優勝争いだが、最有力はやはり日テレ・ベレーザだろう。今年の元旦に行われた全日本選手権で4大会ぶりの優勝杯を手にし、最高の形でシーズンを締めくくったベレーザ。チームの特色である個人技の高さもさることながら、若手の成長も著しく、選手層の厚さはリーグ随一。昨年は怪我のため、出場機会が少なかった澤穂希も順調に回復しているようだ。大黒柱・澤の復帰に、川上の加入。チームにおけるポジション争いは熾烈なものになるに違いない。今季からキャプテンを務める酒井與惠も「今年はリーグ、国体、選手権の3冠を狙いますよ!」と仕上がりに自信を見せている。

 この勢いづくベレーザを阻止するのは連覇を狙うさいたまレイナスか、昨年無冠に終わったTASAKIが底力を見せるのか。昨年は優勝を争ったのはこの3チームだったが、レイナスは山郷の、TASAKIは川上の抜けた穴を埋め、いかにして攻守のバランスを取り戻すかがカギとなる。

 アテネでの戦いから7カ月――。なでしこ達の新たなる勝負の年が始まろうとしている。

ページトップ