SCORE CARDBACK NUMBER

次にジャパンを指揮する、忘れ得ぬ“熱き男”。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byShinsuke Ida

posted2006/11/09 00:00

次にジャパンを指揮する、忘れ得ぬ“熱き男”。<Number Web> photograph by Shinsuke Ida

 その爆走に、背筋を電気が走った。1987年5月22日。史上初めて開かれたラグビーW杯の開幕戦。オールブラックスの22歳のWTBジョン・カーワンは、192cmの巨体を恐ろしいまでのスピードに乗せ、鋭角的なステップでイタリアのタックラーをかわして走り続け、自陣ゴール前から7人抜き90m独走のノーホイッスルトライを決めたのだ。これは大変だ……翌日、再放送に間に合うようあわてて秋葉原へビデオデッキ購入に走ったのは記者だけではないだろう。

 その10年後、怪物は日本にやってきた。'97年、東日本リーグの中堅チームだったNECに加入。それまで社会人大会8強が最高だったNECの成績は、JKことカーワンの加入とともに上昇カーブを描き、3年目の'99年に初めて4強入り。JKは'99年度を最後に引退したが、NECはその礎の上に2年後、日本選手権で初優勝。そこからは毎年「日本一」のタイトルを掴み続けている。

 10月25日、二重契約で解任されたエリサルドに代わるラグビー日本代表HCに決まったカーワンとは、そんな男である。

 「アイデアが豊富。妥協しない。閃きを大切にする」。NEC時代の同僚、山梨学大の秋廣秀一コーチは評する。低い姿勢を身につけるため、胸の高さに張ったテープをくぐって密集に入るドリルを考案。テクニカルだった秋廣にはどんな情報をいつほしいのか要求ぜめにし(「1分で出せ! と言われることも多かった」)、選手には自身で直接「なぜか」を問いかけながらプレゼンした。イタリア監督時代は酸素の薄いアルプス山中で高地合宿も敢行。オークランド・ブルーズのGM時代は、ゲーム分析から水係まで下積みも経験しただけに「気遣いも細やかなんです。新庄選手じゃないけど、裏方の人に声をかけて日向に出してあげる。ケガ人にも必ず声をかけてました」。

 ラグビー王国のスーパースターながら、6カ国対抗で最も小柄なイタリアを率いて'03年にウエールズ、'04年はスコットランドを撃破。選手と監督の両方で世界の修羅場をくぐり、日本選手の特性にも精通。「南半球の理論を踏襲するだけでなく、そこにいる人材で勝つ方法を常に考えていた」(秋廣)。契約は来年1月からだが既にアドバイザーとして来日。行動の速さはすなわち熱意だ。期待しよう。

ページトップ