SCORE CARDBACK NUMBER

降格をめぐる戦いに思う、
勝負の理想と現実。 

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph byNobuhiko Otomo

posted2007/02/08 00:00

降格をめぐる戦いに思う、勝負の理想と現実。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

 ドラマのような幕切れだった。トップリーグ最終節、1月14日の駒沢。どちらかが下部リーグへ陥落する瀬戸際の一戦。後半17分までに14点のリードを奪った日本IBMに対し、セコムは後半ロスタイムの42分に執念で同点に追いつく。前節までの勝ち点で1上回るセコムは引き分けでも自動降格は免れる。だがロスタイムは続いた。50分、IBMボールをターンオーバーしたセコムのキックはタッチラインまでほんの数cmでバウンドすると、ピッチの内側へ跳ね返った。IBMが奇跡を信じて攻める。ハーフウェーを超えた密集で、焦ったセコムが倒れ込みの反則。IBM高忠伸主将が狙った左中間42mのロングPGが、Hポストに吸い込まれたとき、手許のストップウォッチは52分を刻んでいた。そしてIBMの勝利を告げるフルタイムの笛。

 ドラマチックといえばその通り。まさか、まさかを積み重ねた、大映ドラマみたいなスリリングな展開。だが敗戦にうちひしがれるセコムのフィフティーンを見ると、違う思いもわき起こる。最後の時間帯、もっと上手く時間を使えなかっただろうか? 試合後の会見で尋ねる。

 「自分たちは受けに回って戦えるチームじゃない。全員で攻める姿勢で行きました」。小池善行主将は潔かった。「最後はIBMの勝ちたい気持ちが上回ったと思う」

 すると、やりとりを聞いていたウェイン・ラブHCが自らマイクを持った。

 「ドローでも降格を回避できることは分かっていたのだから、ボールはキープ、キックは必ずタッチへ出す。そう意識することはメンタルタフネスの一部だ」

 以前アンドリュー・マコーミックに「NZには理想論の通じない試合が2つある」と聞いたことがある。それは決勝と入れ替え戦。そこは「どんな手を使っても勝つ」のが当然の舞台なのだ。

 翻って、原則を貫いての陥落。だがこれはセコムだけの問題ではないと思う。あとほんの2〜3分を守りきれるかどうか……そんな接戦は、トップリーガーの多くを輩出する強豪大学の選手は、学生時代にほとんど経験していない。折しも前日には、大学選手権3連覇濃厚と見られた早大が決勝であっけなく敗れた。

 セコムも早大も、もっとタフなキャリアを重ねてこの日を迎えたなら、試合はもっとコク深いものになっていたと思う。

ページトップ