SCORE CARDBACK NUMBER

シャラポワに負けるな。日本に鈴木貴男あり。 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2005/03/17 00:00

 インフルエンザのように猛威をふるったシャラポワ旋風が、ようやく落ち着いた。昨年10月のAIGオープンから吹き荒れたシャラポワへの過熱報道は、テニスといえば女子という日本の特徴を端的に表していた。しかし、何度も書いてきたが、スポーツでテニスといえば、まず男子が先に来る。だからといって女子テニスを揶揄するわけではないが、男子テニスのレベルの高さを目のあたりにすると、そのおもしろさは尽きない。それは、日本女子より活躍が少ない日本男子でも同じなのだ。

 今年の全豪2回戦で、日本男子のエース、鈴木貴男が、世界王者のフェデラーに健闘した。当時、世界203位だった鈴木のことなど、ほとんどの方がご存知ないに違いない。その彼が、世界1位を苦しめた。セットを奪ったわけではなく、スコアだけを見ればストレート負け。文字で、彼の健闘を伝えるのは、非常に難しいものがある。なぜ彼が世界王者を苦しめることができたのかは、すでに本誌で報じたので省くが、長い間、女子の陰に隠れ、スポットが当たらなかったエースの意地も背景にあったのだろう。「プロとして負けたのは悔しい。しかし、これで鈴木貴男、そして日本男子に少しでも注目が集まれば嬉しい」。彼は、そのように話していた。

 世界の強豪でネットプレーヤーは、今では、世界7位のヘンマン(英国)ぐらいだ。ノーバウンドでボールを捕らえるのはリスキーで、今では古いスタイルと言われる。しかし、鈴木のテニスの美学は、そのネットに尽きる。174cm、72kgと決して大柄ではないが、そのクラシカルなテニスが、鈴木の真骨頂だ。'98年には、自己最高の102位と、日本男子として5人目となるトップ100入り目前まで迫った。しかし、好調な時に限って故障が襲い、アップダウンを何度も繰り返し、いまだにトップ100の壁が破れない。加えて28歳という年齢。限界説も漂っていたところに、無敵フェデラー戦での健闘だった。「僕にはこのスタイルしかないし、ストロークでポイントを取ってもおもしろくも何ともない」。この美学の追究が、彼の世界への挑戦なのだ。最新世界ランク169位。今年も鈴木のトップ100への道が幕を開けた。シャラポワもいいが、日本男子のテニスもまだまだ捨てたものではない。

ページトップ