SCORE CARDBACK NUMBER

クラシックレースへの道、
2歳戦は種牡馬で占う。
~名馬の系譜を引く種牡馬たち~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byTomohiko Hayashi

posted2009/07/10 06:00

クラシックレースへの道、2歳戦は種牡馬で占う。~名馬の系譜を引く種牡馬たち~<Number Web> photograph by Tomohiko Hayashi

'03年の皐月賞で優勝したネオユニヴァース。今年、アンライバルドの優勝で父子制覇を達成

 不世出の大種牡馬サンデーサイレンスが16歳という若さで没したのが'02年。残された産駒はその後も当然のように活躍を続け、死後なんと5年。'07年まで、13年間も継続して首位の座に君臨したのだからその凄さがわかる。

 しかし産駒の総数が減り続けるのは仕方がないわけで、昨年はついに7位に転落してしまった。最後の世代が6歳という熟年を迎えた今年はさらに苦しく、上半期を終えた時点で重賞勝ちにまだ手が届いていない。初年度の'92年産のフジキセキから、最終世代'03年産のマツリダゴッホまで、全ての世代からGIホースを輩出し続けた奇跡の種牡馬だが、今年はついに重賞勝ちが途切れてしまうのだろうか。マツリダゴッホを始め、マルカシェンク、キングストレイル、マチカネオーラ、ソルジャーズソング、エアシェイディといった残された勢力の頑張りに期待がかかるところだ。

孫世代の活躍が裏付けるサンデーサイレンスの偉大さ。

 '08年の種牡馬ランキング(産駒の収得賞金の合計で順位付けがされる)は、1位アグネスタキオン、2位フジキセキ、3位ダンスインザダークと、サンデーサイレンスの子供たちが表彰台を独占した。父親としても、抜かれて本望といったところに違いない。そして、今年の3歳世代が初めての産駒となるネオユニヴァース(牡9歳、'03年のダービー馬)が、ファーストクロップサイアーランキング(初年度産駒の2歳時の稼ぎ高での評価)では惜しくも2位(1位はキングカメハメハ)に甘んじたものの、クラシックシーズンになってその驚異の成長力を見せつけた。

 皐月賞馬アンライバルド、ダービー馬ロジユニヴァースがともにネオユニヴァースの子。父サンデーサイレンスも、初年度から皐月賞馬ジェニュイン、ダービー馬タヤスツヨシを出しているが、いまは当時とは比較にならないほどの種牡馬乱立時代。そのなかで父と同じスタートを切ったという事実は大いに評価しなければいけない。

ルーキー種牡馬に注目したい2歳戦。

 今年も、来年のクラシックへ1本道でつながる2歳戦がスタート。実績上位の種牡馬たちは、スロースターター揃いなので、早い時期はルーキー種牡馬たちに注目だ。ネオユニのライバルだったゼンノロブロイがまずは最有力。それをJCで破ったアルカセットや、マイルで切れに切れたデュランダルに熱視線が集まる。

■関連コラム► 女傑・ブエナビスタ、オークスの次は凱旋門賞。~ウオッカを凌駕する3歳牝馬~
► 【日本ダービー観戦記】 横山典弘、「成熟」がもたらした24年目の初戴冠。

関連キーワード
アンライバルド
サンデーサイレンス
ネオユニヴァース
ロジユニヴァース

ページトップ